2021/05/10

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里 1

Img_9195

正式にはバイ・シズオカ~今こそ!しずおか!!元気旅!!! 

と長い名称が付いています。二人で31,544円の支払いで済みました。一人五千円引きは有り難い。

専用露天風呂付きですが食事処での食事です。

» 続きを読む

2021/05/07

静岡県民限定GoToで

Img_9168

GoToトラベルが頓挫している状態で何処にも行けず、仕方なく4月末日迄限定で使える表題のプランを使って行く事にした。料金に関係なく一人五千円値引きが有る。

行く先は 伊豆の八幡野温泉郷ですが先ずは昼ご飯を沼津の おもだか で。

» 続きを読む

2021/04/28

ナンジャモンジャ の木

20210419_105902_resized

ミサゴ撮影をしている直ぐ横に・・・・・・・・

» 続きを読む

2021/04/26

キセキレイ

Img_3322

僕の持つイメージのキセキレイと言えば水場ですが・・・

» 続きを読む

2021/04/23

ハナミズキ

Img_9148

今年はハナミズキが当たり年

» 続きを読む

2021/04/21

勝てないな〜

Img_5355

勝ちたいな~と思いつつ毎試合スタジアムに通っています。

そんな有る日見つけたワンちゃん。バリバリのエスパルスグッズを身につけていて思わず一枚撮らせてもらった。

» 続きを読む

2021/04/19

くさや

Img_5341

以前はデパートに行けば買えたくさやが何故かウイズコロナに成ってからは売られていない。

そこで昔買った事のある新島の みや藤 から、お試しお買い得セット3,100円を買った。

» 続きを読む

2021/04/16

墓参りの序でに

214101

燕で昼ご飯を食べてから墓参りに行く事にした。

序でに墓参りとは何事だとご先祖様に怒られそうですがコロナ世に変わってから感染リスクが大きい日帰り温泉(勝手にそう決めつけている)無しですので序でに幾つかの事をさせてもらっても許してもらえるんじゃ無いだろうかと決め込んでいます。

 

» 続きを読む

2021/04/14

レッドロビン

20210409_111506_resized
今年も真っ赤な葉が出そろいました

» 続きを読む

2021/04/12

モズの はやにえ

Img_3159
桜に止まる翡翠を撮りに通っている有る日、モズが飛んできました
口に何か咥えています

» 続きを読む

«桜に止まる翡翠を撮りに

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。