2019/03/18

アジアグランドクルーズ 5

Img_7765_2

 写真はアジアンデッキディナー&フルーツビュッフェでのフィナーレ

» 続きを読む

2019/03/15

アジアグランドクルーズ 4

Img_6647

 写真は洋上の大運動会の一コマ

» 続きを読む

2019/03/11

アジアグランドクルーズ 3

Img_6301

 2月10日はタイのレムチャバンに到着です。 写真はパタヤビーチで,まるでハワイのワイキキのよう。多くの人がパラセール等アクティビティーを楽しんで居ます。

» 続きを読む

2019/03/08

アジアグランドクルーズ 2

Img_5240_2

 神戸を出てから6日目にベトナムのハロン湾に到着します。写真は船上から見たハロン湾。

一寸ガスが掛かったような天気で水墨画のよう。丁度良かったのではないかと思って居る。

» 続きを読む

2019/03/04

アジアグランドクルーズ 1

Img_5946

 1月29日、心配した雪もなく神戸港に到着した。

いよいよ31日間のクルーズが始まる。

» 続きを読む

2019/03/01

無事帰国しました

 アジアグランドクルーズから昨日無事帰宅しました。 写真の整理が出来次第順次UPしようと思いますが、今朝届いた段ボールニヶとスーツケース。これらの整理も始めなければ成りませんし午後には1ヶ月の郵便物も届くはず。ユックリさせてもらえません。

9p7t9157

写真はケリです。

» 続きを読む

2019/02/02

香港です

最初の寄港地、香港に到着しました。 ...

» 続きを読む

2019/01/30

種子島冲

...

» 続きを読む

種子島冲

ただいま種子島冲です。

» 続きを読む

2019/01/27

コンパクトな日程で、エネルギッシュにめぐる きらめきの街を結ぶアジア悠々紀行

Ajia01

 タイトルの表題が付いた短期間でアジアを一周する飛鳥のプランに申し込んだのは昨年3月9日。 電話で仮予約したのは2月13日だった。
グランド特別割引(20%引)・早期全額支払割引(15%引)・過去3年以内の乗船割引(3%引)全てを使う。グランド割引プランだと客室番号のご希望はお受けできませんとなっていますが特に希望はない。願わくば右舷が良いなとは思うのですが16日に送られてきた乗船券には左舷の部屋番号が記入されていた。何時も思うのは何を基準で決めるんだろうか?

 

» 続きを読む

«(?_?) ン? なんだアレは。

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。