トップページ | 富士山磨き上げ作戦 »

2005/07/19

箱根の山と温泉

 7月16日9時15分、強羅駅近くの宮城野支所前バス停近くに車を止め明神ケ岳を目指し歩き出す。
薄暗い別荘地横の道を標識に従い登ること1時間、やっと明るく開けて来るとまもなく峠。
10時35分峠に到着。此所は箱根外輪山の一角なので箱根の山がよく見える。
地獄谷の噴煙や駒ヶ岳、神山も手に取る様に見える。
更に歩くこと1時間、明神ケ岳(1,169.1メートル)に到着11時30分だった。
広々とした頂上から箱根の山々は見えるものの金時山は霞んでいる。更にその先に見えるはずの富士山は霧の中で見えなかった。
昼食時間を30分ほど取って出発。同じ道で下山するのもつまらないと金時山方面に下り、途中の分岐から宮城野温泉会館方面を目指す予定が分岐を見失う。
ひたすら下り続けて矢倉沢峠に向かう。峠到着1時55分。5分休憩。仙石原バス停に2時30分到着。
バスで最寄りの駐車場に。とんだ大回りになりましたが良い運動になりました。
家内にはかなりきつい行程のようでした。
 今宵は一の湯グループの塔ノ沢キャトルセゾン泊。
この宿一の湯グループは安くて部屋は清潔、食事もハイキングがメインで泊まるには十分。
希望者は温泉の貸し切りも出来る。更に嬉しい事に、泊まる日と翌日はグループ内8箇所(箱根6ケ所・伊豆2箇所)の何所でも温泉に無料で入る事が出来る。
17日、朝風呂を済ませ朝食後精算。車は宿の駐車場にそのまま置かせてもらい登山電車の塔ノ沢駅まで移動。9時35分小涌谷駅下車。今日の目的地浅間山に向かう。

千条の滝を見て浅間山まで登り続ける事1時間、浅間山頂上に到着。 頂上はアジサイが満開でとても綺麗ななだらかな頂上。ベンチがいくつか置いてあった。 11時頂上を出発し箱根湯本へ。休憩時間も含めて2時間ひたすら下る。 一部鎌倉古道を通るのですが苔むしていて滑って歩きにくいが手頃で体力に自信のない人にはちょうど良いハイキングコース。逆さ周りだと中級以上か? 湯本で昼食の蕎麦を食べバスで塔ノ沢まで行き宿に戻る。 リュックサックを車にしまい、着替えを持って100メートル下の 「一の湯本店」の温泉に浸かり疲れを取り着替えをして宿とお別れ。 急ぐ旅でもなく残時箱根で遊び三島の桜やでウナギを食べて帰宅。 温泉と山を満喫の二日間でした。IMG_2546 IMG_2558

トップページ | 富士山磨き上げ作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727800

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根の山と温泉:

トップページ | 富士山磨き上げ作戦 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ