« 八高山その3  鰻 | トップページ | 六本木ヒルズ »

2005/08/29

だだ茶豆

知り合いが  ”だだ茶豆”  を送ってくれた。
デパートで売り出すとの広告を見て買いに行っても
「売り切れました」と張り紙が出てなかなか買う事が出来ない
幻の だだ茶豆 。

我が家に帰ると玄関を開けた途端香りが漂う。
ビールのツマミよりも兎に角食べるのが先とばかりに食べ始めた。

豊潤な濃い香りのサヤを指でプチュリとおせば、
甘く味の濃厚な実は僕の口に待ってましたとばかりに飛び込んでくる。
たまらない幸せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
鼻腔から鼻孔に抜けた香りは辺りに漂い
口の中は濃い味で充満している。
なんという幸せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
一度食べ始めると止める事が出来ないと言われているが
本当に止められない。

その夜、だだ茶豆の主張に圧倒されたのか
なかなか寝付かれなく寝返りをしてもアクビをしても
濃い香りに圧倒されてますます寝られなくなってしまった。
たぶん3時半頃やっと寝られたのだろうか?

朝起きてビックリした。
サヤをつまんでいた左手の親指と人差し指に
だだ茶豆の香りが染みついて居るではないか!
これには ビ ッ ク リ  .。ooO(゜ペ/)/ひぇ

だだ茶豆の食べられる時季はほんの一瞬
だからこそ価値もある、知る人だけが味わう絶品。

« 八高山その3  鰻 | トップページ | 六本木ヒルズ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八高山その3  鰻 | トップページ | 六本木ヒルズ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ