« 番狂わせの穂高  その5 | トップページ | 八高山その2 子生まれの湯 »

2005/08/24

八高山

8月20日、夏休みに山に登れなかったのが悔しいし、
ストレスと運動不足を一挙に解消しようと八高山に登る事にした。

数ヶ月前 日本経済新聞の 
 ”お薦めぶらり旅” 道に迷わずハイキング の記事があり
スクラップしておいた山だ。

家内に記事を読ませると  行こう!  と直ぐ返事。
理由を聞くと「ほとんどの登山道が杉やヒノキの木立に囲まれている。
暑い夏の日光を遮ってくれるため歩きやすい」と本文にあり、
其れが気に入った! と言う。
男と違う条件が有るものだと痛感する。

大井川鉄道福用駅横にちょうど良い駐車スペースが有る。
(新聞では、駐車場は無いのでじゃまにならないよう
道路の隅に置くとある)
ちょうど地元の婦人会の方々が駅内外の清掃奉仕をしていた。
「此所に駐車して良いんでしょうか?」と聞くと
「そこは持ち主が居るんですよ。でも八高山に行ってくるだけなら
置いといても良いんじゃないの!」と、言ってくれた。
有難い、お墨付きを得たようなものだ。

8時25分出発。5分で白光神社。往復の安全を願って拝礼。
ここからいきなり急登が続く。急登が終わると茶畑。
そしてよく手入れされた杉やヒノキの林を抜ける。
急ぐ旅でもなくこの間二回一本立てる程度休む。
林道に出た所でキチッと小休止。
平坦な林道を少し進むと  馬王平  と呼ばれる広場に出た。
ちょうど10時だった。
ここから又急登が続く。20分で反射板。ここでも小休止。
さらに急登が続きやっと白光神社奥の院。10時40分だった。
あまりの急登でここでも小休止。
頂上まで200メートルの案内板があるがこれも長く感じる。
八高山頂上には11時到着。
初め見えなかった富士山は食事の途中から見えるようになった。
スッキリ晴れていれば安部奥や南アルプスの一部が見えるようだが
今日は見えない。
浜松方面はアクトタワーが見えるそうだが今日は見えなかった。
ギンヤンマかオニヤンマらしいヤンマトンボと
数種類の蝶も沢山飛んでいる。
1時間休んで12時下山開始。馬王平12時30分通過。
全く同じ道を下るのもつまらないと思い小文道分岐を過ぎた先から
なだらかコースに入る。
これが間違いだった。誰も入っていないようなのだ。
蜘蛛の巣が次から次へと顔にくっついてくる。
道は大きく巻いているので なだらかでも距離はタップリある。
途中休めるような開けた場所もなくひたすら歩いて
2時に福用駅に到着した。
つづく

IMG_2806

« 番狂わせの穂高  その5 | トップページ | 八高山その2 子生まれの湯 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727764

この記事へのトラックバック一覧です: 八高山:

« 番狂わせの穂高  その5 | トップページ | 八高山その2 子生まれの湯 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ