« 今年から貝が胃に棲み始めました | トップページ | 箱根旧街道No2 »

2005/09/20

箱根旧街道 No1

IMG_29429月17日10時、元箱根をちょっと外れただけなのに箱根の森駐車場は無料。此所に車を駐め箱根旧街道を歩く。いきなりと行って良いほど石畳の街道になる。うっそうと生い茂った杉並木に挟まれた小路は往時がしのばれる。時間を見ながら適当な所まで行って、残りは後日歩くつもりだった。
下りの石畳は滑って危険、石の角が磨り減って丸くなっているので引っかかりが無く日も差し込まない薄暗い旧街道の其れは苔むしている。下りは膝にも負担が掛かる。登ってくる人は多い。中にはせっかく来たからちょっと歩いてみようか?と入ってきたと思われる革靴の人、そんな人は水も持っていない。大丈夫?
IMG_2945急に人の往来が増えたと思ったら10時50分甘酒茶屋に到着。甘酒と味噌田楽を注文し、ちょっと早いが昼食とする。
出発11時10分。雲助が出没しただけの事はある見晴らしのきかない薄暗い石畳の道をなおも進み見晴茶屋11時30到着。唯一この街道で見晴らしがきくが、山と谷そして小田原方面が見えるだけ。あえて見えるだけと言ったのは見入るような景色でもない。
此所からの下りは道路横だったり渡ったり、或いは立体交差したりの繰り返し。石畳の路に成ったと思ったら畑宿到着。ちょうど12時のチャイムが鳴っていた。寄木会館や本陣跡、明治天皇碑等もある。此所で打ち切るか思案したが結局全行程歩く事にした。
畑宿からの下りは台風で木が倒れたらしく荒れていたがとりあえず倒木を片づけて有り歩くに支障はない。発電所前では沢を横切るのだが橋が無く飛び石伝いに渡るので家内は怖がった。箱根大天狗神社が見えると此所からは自動車道を進む。湯本小学校では運動会の真っ最中。湯本到着2時30分。此所からバスで駐車場まで戻る。
今宵の宿は桃源台近くの 一の湯キャトルセゾン。山や歩くのが目的の時はこの宿で充分。気持ちよく温泉に浸かる事が出来て 今日も幸せ。。。。。。。

« 今年から貝が胃に棲み始めました | トップページ | 箱根旧街道No2 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年から貝が胃に棲み始めました | トップページ | 箱根旧街道No2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ