« 箱根旧街道 No3 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No2 »

2005/09/28

松茸と竹松旅館 No1

 この旅行顛末記は2002年に書いたものです。
店頭で松茸が沢山売られる時季になりました。 今日から数回に分けてブログにUPします。

三年かかってたどり着いた松茸三昧の宿

三年前のある秋、何気なく見ていたテレビ。松茸三昧の竹松旅館を紹介していた。
早速電話するも今年はいっぱいで来年優先しますとの事。
翌年一月電話「ハイ、お名前は覚えております、確かにお受けします」と女将の元気な声。
 月日は経ち秋、いよいよ来週は竹松旅館で松茸だ〜、と喜んで居る所に女将から電話「申し訳有りません今年はとれる量が少なくて今日で終わってしまいました。来年こそ間違いなく!・・・」
おいおいどうなって居るんだと思いつつも来年のカレンダー見ながらその場で予約。
 さ〜来週は竹松さんだ〜、と思っていた一週間前の夜、女将から電話「お待たせしました、今年は大丈夫で〜す、予定変更有りませんね?ハイわかりました、お待ちして居りま〜〜す。」
途中一切こちらから連絡するでも無くダンマリを決め込んでいたのだから宿としては心配になったのでしょう。 やっと念願叶ったので有ります。
 
中央高速伊那インターを出て午前十時半竹松旅館前を素通り。道の駅南アルプス村長谷で一休み。此処のパンはめちゃくちゃ美味い。近郷近在は勿論旅行者迄が予約して買っている。勿論その場でも買えます。三日間も車の中に置きっぱなしでは味も落ちるだろうと思い試食だけ。
これが うめ〜。
お昼はお寺で食べさせるそばを予約して有りちょっと早いが十一時到着。
この寺は遠照寺、別名ボタン寺とも言われ流人の身として高遠に流された絵島が分骨されて居り、鶴亀合掌の庭をはじめ数々の文化財も有ります。寺には南無庵と言うそば屋が有り旨い十割蕎麦が食べられます。予約した方が良いとの事です。
つづく
 143-4393_IMG

« 箱根旧街道 No3 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根旧街道 No3 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ