« 箱根旧街道 No1 | トップページ | 箱根旧街道 No3 »

2005/09/22

箱根旧街道No2

 ゴルフを止めてからひどい肩こりがウソのように治ってしまった。
なのに一週間ほど前から右肩が凝って仕方がない。
昨夜は10年ぶりにマッサージを取った。
これが下手くそでツボには当たっているのだが力任せに押ばかり。
ちっともほぐれない。
そのせいで右肩が余計悪くなっている。
参った参った!!

 さて今日18日も青空が広がり気持ちの良い天気になった。
チェックアウトを済ませ少し走って箱根ビジターセンターに駐車。
湖尻ー仙石原 自然探勝歩道を歩く。
20分歩いて9時35分湖尻水門到着。
ここからゴルフ場横の道を早川沿いに歩く。
タイヤや産廃が目に付く。観光資源に成っているコースだよ
金掛けて整備しなよ!!
そういえば昨日は町会選挙の宣伝カーが沢山走っていた。
今日は投票日だ。しっかり頼むよ!町会議員さん達よ!
台風で木が倒されたり道が沢に崩れ落ちたりしている。
しかし歩くには何の問題もない。
そしてゴミも目に付かなくなった。
長尾峠登り口を過ぎると2分で分岐点に到着。
10時20分だった。
此所までの景色は林間に大涌谷方面がかいま見られるが、
褒めるような所はない。
分岐を左に取り、今日唯一のユルユルした登りになる。
登りも終わりしばらく進むと突然右側が
開け雄大な景色が飛び込んでくる。
外輪山と手前には仙石原から大涌谷、そして
箱根の最高峰神山と、さらにその右手まで一望出来る。
山の名前等の展望案内図が有るのでじっくり読んで
納得するまで休憩を取ろう。
さて、石畳の道やそうでない道も含めてダラダラと下ると
突然ゴルフ場のグリーン横にでる。
「おいおい、こっちから見るとそのラインはフックだよ、
ほれ見ろ、左に外しちゃって」。。。。。
此所からの金時山は手に取るようだ。
やがて早川の左岸に出て橋を渡り少し戻るように歩けば
仙石原はもうすぐ。
 ススキは5部ほどでしたが駐車場・湿性花園・仙石原と
観光客は徒歩で移動するのでのその人数は半端じゃない。
ススキは毎年見に来るので今回はパス。
仙石高原バス停に11時25分到着。

随所に案内標識と距離が書かれている。
地図の読めない人、方向音痴の人でも迷うことなく気楽に歩ける。
トレッキング入門コースにぴったり。
 バスで駐車場に戻りお昼はお気に入りの 梢月庵 で蕎麦を食べる。
以前は別荘族御用達みたいな店で外車のお客が多かったが
最近は自転車やバックパッカーがかなり来るようになった。
ガイドブックにでも載ったのだろうか?
それともTV?
お願いだ!そっとしておいて・・・・・

?(・_。)?ン?  ハハハなんだ!自分も今日はバックパッカーだ!

 湯本の 一の湯本館 でもらい湯をし
(一の湯グループに泊まった人の権利)
さっぱりと汗を流し今日の目的地東京に向かう。

IMG_2959

« 箱根旧街道 No1 | トップページ | 箱根旧街道 No3 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根旧街道 No1 | トップページ | 箱根旧街道 No3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ