« 松茸と竹松旅館 No1 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No3 »

2005/09/30

松茸と竹松旅館 No2

長谷村営バスに乗り換えて仙流荘前のバスターミナルを出発北沢峠に。目も眩んばかりの断崖絶壁の細路を二十人乗り程の小型バスはうなりをあげて登って行きます。目の前の深い谷と向かいはちょうど見頃の紅葉で全体が燃える様な美しさ。ごつごつと鋸の歯の様な鋸岳。その右隣にはまるで雪を頂いたかのように白い東駒ヶ岳。 東駒? そんな山しらね〜よ。ガイド兼運転手は運転しながら観光案内や地理案内です。「東駒ヶ岳とは我々長野県、特に伊那地方に住んでいる者の呼び名で山梨県側からは“甲斐駒”と呼ばれて居ります」だって・・・ そう言えば日本海と呼ぶな!と言っている国が有るのと同じだ。
ガイドはまだまだ続きます。「滝が見えます。ヤマブドウは熊と猿の餌。ア!カモシカが居ます」
ガイドも有難いけど落っこちたらどーすんだ!「落ちる時は全員一緒ですし即死ですから痛みも伴いません、ご安心下さ〜い」
やれやれ北沢峠に到着です。ここから先は再度バスに乗り換えて広河原にも行けるんです。便利になったものです。山岳会に入っていた頃はズ〜ット歩いたんだぜ。
重装備、軽装備の山屋と観光客が混じってちょっとした銀座です。ハイヒール姿も居ます。異次元に入り込んでしまった様です。


 144-4400_IMG

a>



   組み写真の 左が甲斐駒 右が鋸岳 (午前中は雲一つ無かったのが午後は雲が出てしまいました。)

« 松茸と竹松旅館 No1 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松茸と竹松旅館 No1 | トップページ | 松茸と竹松旅館 No3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ