« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005/10/31

上海蟹

 毎年この時期になるとどうしても上海蟹が食べたくなる。
タイミングが悪く東京や横浜に行く用事が無く、仕方なくホテルアソシアの東天紅に妻と上海蟹を食べに行った。
ありふれたコース料理2人分と上海蟹の姿蒸し、それと妻は何処で手に入れたか任意の一品を注文出来るタダ券。
 二品食べ終わった所でタイミング良く蟹が出てくる。すぐ手に取って確かめると雄。ガッカリ。でも充分美味さはあじわえる。それにこの値段では贅沢は言っていられない。因みに一パイ¥2,850は安い。
写真を撮ろうとして居るうちに気の早い家内はすでに足二本をモギ取っていた。あわててセイロに戻しパチリ!
黒酢を使った蟹酢も用意されているが、我が家は好みの二杯酢で食べる。
 コッテリとした深みとコクのある濃厚な味。なのに甘みも有るから不思議だ。
鼻孔に抜ける上海蟹特有の香り。う〜ん!たまらない旨さ。
上海蟹は手でかぶりつくのが一番美味い。それ用のハサミやスプーンが用意されているが一切使わない。旨い美味いとニコニコしながら食べていると次の料理が運ばれてきた。蟹の半分も食べた頃だろうかまたまた次の料理が運ばれてきた。
「あのね〜、早速と持ってきても食べられないよ!」と僕。「後でお持ちします」とウエイトレス。
さらにニコニコしながら食べていると支配人が現れる。「お客様、不手際が有ったようで申し訳御座いません。冷たくなってしまったその料理も後で作り直してお持ち致します。」「上海蟹を食べるのは時間が掛かる事ぐらい料理人は知っているよね?タイミングを計って出すぐらい当たり前だよ!コックによく言っておいてちょうだい」「かしこまりました」こんなやり取りが有ったりしてやっと蟹の完食。残りの料理はタイミング良く運ばれてきた。蟹を食べる時のもう一つの楽しみ、それは味噌の部分を白いご飯に乗せて食べる。これが又美味いのだ。
そんなこんなで満足満足。支払いの時再び支配人が現れ丁寧に礼を言われる。
 
 さて、上海蟹を単品で食べるなら此所がお薦めの店が有る。
横浜中華街にある桃源邨(とうげんとん)。雄雌・大中小が好みと懐具合で選ぶ事が出来る。写真で見れば解るように12席しかない小さな店ですがその時期店頭に蟹の入っていた空篭が積まれる。絶対お薦めの店。DSC08455
881-8140_IMG_1
maps

2005/10/26

遊癒ウォーキングその2

23日朝、予報は見事に外れ晴れている。稜線も見える。
りこぼ自慢の手作りパンの朝食を済ませ心づくしの おむすび をもらい集合場所スノーハープに向かう。
此所は長野オリンピック距離競技の会場だ。
8時半、参加者を乗せたバスは木崎湖の先、ウォーキングスタート地点まで向かう。
ウォーキング開始9時。小熊山トレッキングコースの立て看板が有る。
いきなり急登。しかも早いよこのペースは!案内役の先頭は地元のマラソンランナーだそうだ。富士登山マラソンじゃね〜んだ!!と自分に言い聞かせ、しばらく同調したが途中でマイペースに変えた。
9時40分小熊山(1302メートル)に到着。頂上脇に展望台の標識があるももの展望はほとんど無い。
木々が生長してしまったのだろうと推察する。
キチッとした休憩が無いままいつの間にか歩き出す。水を飲んでおいて良かった。
よく整備された尾根スジの広い登山道が続く。黄色や赤の紅葉を楽しみながらさらに進むと、とつぜん雪を頂いた鹿島槍と五竜が飛び込んできた。感激!!!!!!!!!!!!!!!!!
昨日まで雪は無かったのに。初冠雪の日に出くわすのもラッキー!
さらに進んで10時25分木崎湖を眼下に見下ろすパラグライダー滑空場に到着。
素晴らしい眺めだ。条件が良ければ富士山も見えると言う。
先回りした主催者がお茶と飴の接待。う〜ん気が利いてる。15分休憩して出発。
森林浴・紅葉と楽しみながら三角分岐点標識11時15分通過。
さらに山岳パノラマを楽しみながら後発隊終点10キロ地点12時到着。
15キロ組はさらに先へ進む。
ゲレンデを登り始めると先方に我々と同じ数の猿が居る。しばらく距離を保ったまま進むがいつの間にか何処かに去った。
はるか前方雨飾山方向の中腹に虹が架かる。幻想の世界を歩くような光景だった。
尾根道やゲレンデを渡り歩きゴール15キロ地点に到着。1時だった。
見事な三段紅葉と、今日見えた主な山。
爺ヶ岳・鹿島槍・五龍岳・唐松岳(勿論八方尾根も見える)
雨飾山・妙高・戸隠・さらに菅平方面・八ヶ岳方面等々

 スノーハープに再集合した一行は主催者の用意した出来たての茸汁・焼き栗、さらに分散して泊まっている宿の女将達がそれぞれに持ち込んだ自慢の漬け物、これらをオニギリと共に食べる。
お代わり自由は嬉しい。特に漬け物 これが美味いのだ。筆舌に尽くしがたい旨さなのです。あまりの旨さに入れ物に入れてもらって来てしまいました。
予約で買ったお焼き四つとオコワは我が家に帰ってからゆっくり食べるとしよう。

2時10分この地を後に我が家に向かう。途中立ち寄り湯に寄る。風呂で1時間使った以外ノンストップで来たので19時30分帰宅。早い。
二日間至れり尽くせりのスタッフの皆様本当に有り難う御座いました。来年は花の季節五月のイベントに参加しよう。
これらのイベント等はさのさか観光協会ホームページに詳しく乗っております。
http://www.hakubasanosaka.com/


IMG_3142

IMG_3141

IMG_3143

2005/10/24

白馬さのさか”紅葉”遊癒ウォーキング

10月22日6時45分出発。集合時間に間に合わないのは困ると思い清水から東名高速に入る。
朝霧高原は富士山が見えない。今日の松本地方、午後から雨とラジオの天気予報が伝えている。
甲府南から中央高速に入る。甲斐駒や八ヶ岳も見え始め天気は良くなってくる。
順調に走りすぎて、カーナビが予想到着時刻を11時に修正している。
早すぎるので諏訪大社にお参り。お気に入りの新鶴の塩羊羹(うんちくは8月17にUPした”雨で番狂わせの穂高”を読んで下さい)を買う。
天気予報は見事に外れピーカン照り。佐野坂の道の駅に11時に到着。昼食や白馬駅まで足を伸ばして散策の後会場に。
 観光パンフや記念品、蕎麦打ちの手順、そしてゼッケンが渡される。
すでに殆どの人が受付を済ませイベントの開始を待っていた。50人程だろうか。
昨年のビデオの放映や地元の産物も売っている。
佐野坂観光協会会長の挨拶と蕎麦打ちの手本を見せた後いよいよ蕎麦打ちが始まる。
蕎麦はいわゆる二八。器用な人不器用な人、経験未経験、色々な人が楽しそうにそれぞれの思いを込めて蕎麦を打つ。
出来たてほやほやの蕎麦が運ばれて来る。まず臭いをかぐ。ウ〜ン良い香りだ。つゆを付けずに食べる。腰も柔らか過ぎず固すぎず、そして口いっぱいに香りが広がる。次はつゆを付けて食す。
旨い!美味い!。妻もとても美味いと言っている。何故素人の打った太さもまちまちの蕎麦がこんなに美味いのか?それは地元で取れた白馬産新蕎麦を石臼で引いたソバ粉。出来上がると同時にサッと出てきてパッと食べる。その時間。そして何よりも素人の打った固さに合わせて上手に茹で加減を調節してくれた先生達の技量に他ならない。旨い漬け物も添えられている。
食後自己紹介。驚いた事は何回も参加している常連さんの多い事だ。7人で参加しているグループも有った。

 今日の宿はペンションりこぼ

http://www.himekawagenryu.com
”りこぼ”とは唐松の根元にでる赤いキノコの名前だそうです。
なんと姫川源流のすぐ脇に立つ瀟洒なペンション。夫婦そろって山と自然をこよなく愛するのはホームページを読めば理解出来る。
荷物を置き、暗くならないうちに源流と親海湿原の散策に出かけるが花の時期からズレていて見る事が出来なかった。
無農薬で育てた野菜と肉魚、スープにパイ包み、そして地元で取れる栗をふんだんに使った栗ご飯。
どれもみんな美味しいのだが今日の夕ご飯はこれが五食目。心を込めて造ってくれたはずなのに僕は少し残してしまった。あやまらなくては。
食事しながらの昔話や湿原の花の話などオーナーとした後サッカー静岡ダービーのTV中継を見て部屋に戻る。部屋にはTVもラジオも無い。これがとても新鮮。JC時代TVを一週間見ない運動をした以来久しぶりのTVなしの夜、寝床に入って会話だけの夜もまた良い。
外はかなりの雨。明日の天気予報も雨。雨音を聞きながらいつの間にか眠りにつく。
つづく

IMG_3091

IMG_3089

IMG_3090

2005/10/19

高野山 続き

16日朝六時半、朝のお勤めは自由参加。
昨日の説明では正座しなくても良いし
後ろには腰掛けも用意してあると言っていた、
こんな時でなければ経験出来ないと思い参加。
妻は別行動。
本堂にはすでに100人ほどキチッと正座して居た。
凛とした空気の中、やがて読経が始まる。
仏事の時とは比べようのない静けさの中で
厳かにそして粛々と続く。
ご焼香を済ませ三十分で終了。
晴れ晴れとした気分になった。

バスは高野山を後にひたすら下る。
道の駅で地元の産物
(この時期は柿・黒豆)を買う。
粉河寺拝観の後、黒塩市場で買い物と食事。
此所は温泉にヨットハーバー等一大プレイランドになっている。
その後ほとんど車の走っていない高速道路を
一路大阪に向かう。
進行方向左手に関西新空港が見えた。

地下鉄新幹線と乗り継ぎ、自宅には十九時半到着。
早い!!

写真はヨットハーバーの一角

IMG_3063

2005/10/17

高野山

10月14日
業界の全国大会で大阪に行く。
翌15日、一泊二日のエキスカーションに登録。
8時半ホテル前を出発したバスは
ひたすら走り続けて高野山を目指す。
険しい山に囲まれ、つづら折れの道を上がり続け
大門に到着すると突然平らな地形が現れ
信じられない光景が有った。
町! が形成されていたのです。
かく言う私、高野山は初めてなのです。
今宵の宿  宿坊 持明院 で昼食の後
ガイドが付いて高野山の散策が始まる。
金剛峰寺・壇上伽藍・根本大塔等々回って宿に戻る。
折からの雨と奥の院は撮影禁止で写真はダメ。
ここから先は撮影禁止の手前でなんとか一枚撮りました。
昼食と夜の食事も撮りました。
精進料理ですから似たり寄ったりの内容です。
見比べて下さい。
でもけっしてまずくはなかったですよ。
歳の多い人にはむしろ食べやすい。
褒めていた人が大勢居ました。
お坊さんにご飯やお茶をついでもらうのが
気が引き締まり良かったと思っています。

つづくIMG_3040
IMG_3035
IMG_3050

2005/10/12

Aloha Ku'u O'hana

10月10日、僕の好きなエアロビの先生で
フラの先生でもある松永ACOちゃん主催の
ショーが有った。
本人の出演はもちろん教室の生徒や家族
ハワイから来たフラの仲間達、そして
ウルルン滞在記に出たドリック・ヤリスらも出演。

間伸びしないテンポの良い運びと演出。
どれをとっても満足なショーを満喫。
構成・演出も本人がやっているとは驚き。

そして久しぶりに会ったエアロの先生達や
エアロビギャル達。

みんな何時までも若い!
僕も若作りに励もう・・?(・_。)?(。_・)?

カメラ二台とレンズ3本持って行ったが
撮影禁止!  ン〜ン残念。。。。。。。。
内緒で一枚だけ撮らしてもらった
   
ゆ る し て

IMG_3033

2005/10/07

松茸と竹松旅館 No5

 今夜の宿は秘境と言われている扇温泉の明神館です。此処もこの時期は松茸がメインです。
料理ともてなしが期待できます。でも松茸はやだな〜と、贅沢な話をしながら運転です。
大浴場と隣接された露天風呂。別に混浴の露天風呂。行ったかって?当たり前だよ。二十分ほど入っていたけど誰も来なかった。残念。男が来なかったのはせめてもの幸せか?
部屋よし風呂よし料理よし。随所に松茸を使ってあるものの職人の技と品の良さと適度な量、松茸だけでなく一品づつ運ばれるタイミングの良さ。大女将が山奥の温泉に人を寄せ付けるにはどうしたら良いか絶えず考えていると本に書いて有った通りの心憎いばかりのもてなしです。
あまりの見事さに思わず撮ってしまった先付け。
九つの小鉢に入れられ素材も料理方法も違う感激の逸品です。
   144-4444_IMG
チェックアウト十二時も嬉しい。のんびり朝風呂に浸かり遅めの朝食。こんな幸せを授受して良いのだろうかと思ってしまいます。
沢の横に造られた混浴露天風呂と明神館の玄関を記念に撮りました。

144-4448_IMG
144-4450_IMG
松本に戻らずビーナスラインに真っ直ぐ上がり八島湿原・霧ヶ峰・車山・白樺湖・蓼科と変わり行く紅葉を楽しみながら移動。最後はピラタスのゴンドラに乗って空からの紅葉狩りで締めくくりです。
全行程609㎞の旅でした。

144-4457_IMG

2005/10/05

松茸と竹松旅館 No4

 十時半ゴンドラ駅到着。一時間待ち?参った〃 3(-_^;) エッ? 上のゴンドラも一時間待ち?
おいおい、マジかよ〜。エ?帰りの下りも同じ待ち時間?
かくして紅葉の栂池自然園のハイキングは中止せざるを得ませんでした。
せっかく来たので栂の森まではゴンドラで。鐘の鳴る丘ゲレンデから馬の背、左には榛の木コース、スキーの時と全く違う景色です。パラセールも飛んでいます。
 
八方尾根から右にパンして白馬三山と白馬乗鞍。目の前に広がる鮮やかな紅葉。
時の経つのも忘れその雄大な山岳風景を堪能しました。
          
144-4425_IMG
来年は同じ時期八方尾根だ!八方池迄なら軽装で行ける。よし、絶対決めた。
ん?まだ松茸のゲップが続いています。何処かで何か食わなくちゃ止まりそうも有りません。

2005/10/03

松茸と竹松旅館 No3

竹松旅館は高遠商店街のど真ん中に有ります。 宿の前の商店街駐車場に車を止めて部屋へ。
玄関の前に立ってまず驚いた。松茸のにおいがプ〜〜ンとしてくる。\(・o・)/ワア! 
これは凄い。廊下も階段もどこもかしこも松茸の臭いが充満している。
まずは風呂だ。湯船には布袋に入った生松茸が七本。とにかく何処もかも松茸の臭いです。
ひょっとするとトイレの消臭も? これは無し・・・一風呂浴びて食事。
松茸の刺身。松茸のにぎり鮨。焼き松茸。松茸の土瓶蒸し。松茸のすき焼き。松茸のみそ汁。
それ全てが純粋国産の松茸だから堪らない。ついでに女将が振る舞う松茸・スズメバチ・ブルーベリーの焼酎。ノンベーには松茸とお酒で堪らない至福の一時でしょう。
別の団体さん焼き松茸を五万円追加注文。国産松茸五万円分は写真を撮らせて貰いました
144-4417_IMG
         
どこからも聞こえてくる男性の会話 「俺の負けだ〜〜〜〜〜」
すき焼きの肉は桜肉。しかめっ面をしていた家内も一口食べた後は何も言わないで食べているのでたぶん旨いんでしょう。 
 部屋に戻って気が付いた。松茸のゲップ。それに松茸の臭いがやけに鼻を突いて何故かスッキリしない。
部屋、風呂、玄関、トイレ、松茸以外は民宿に毛の生えたようなものです。。
朝は松茸ご飯。チーズの味がするこれは何だ?よく見ると蜂の子。その他数品。
宿の規模からすれば一人一万五千円から一万八千円か?純粋国産松茸だけとあらばもうちょっとかな?と思った所一人二万円税金別。
ンーン微妙な所。オッカー「金額も確認しないでよく予約するよ!」だって。怒られちゃった。
イヤイヤやっぱり安いよ。あれだけ大きな国産松茸、たらふく食べて二万円はメチャ安だ!!
 相変わらずの松茸のゲップに悩まされ当分松茸は “食いたくね〜、見るのもいやだ” とブツブツ言いながら今日の目的地栂池高原に向かいます。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ