« 遊癒ウォーキングその2 | トップページ | 静岡ワンダーホーゲル創立45周年 »

2005/10/31

上海蟹

 毎年この時期になるとどうしても上海蟹が食べたくなる。
タイミングが悪く東京や横浜に行く用事が無く、仕方なくホテルアソシアの東天紅に妻と上海蟹を食べに行った。
ありふれたコース料理2人分と上海蟹の姿蒸し、それと妻は何処で手に入れたか任意の一品を注文出来るタダ券。
 二品食べ終わった所でタイミング良く蟹が出てくる。すぐ手に取って確かめると雄。ガッカリ。でも充分美味さはあじわえる。それにこの値段では贅沢は言っていられない。因みに一パイ¥2,850は安い。
写真を撮ろうとして居るうちに気の早い家内はすでに足二本をモギ取っていた。あわててセイロに戻しパチリ!
黒酢を使った蟹酢も用意されているが、我が家は好みの二杯酢で食べる。
 コッテリとした深みとコクのある濃厚な味。なのに甘みも有るから不思議だ。
鼻孔に抜ける上海蟹特有の香り。う〜ん!たまらない旨さ。
上海蟹は手でかぶりつくのが一番美味い。それ用のハサミやスプーンが用意されているが一切使わない。旨い美味いとニコニコしながら食べていると次の料理が運ばれてきた。蟹の半分も食べた頃だろうかまたまた次の料理が運ばれてきた。
「あのね〜、早速と持ってきても食べられないよ!」と僕。「後でお持ちします」とウエイトレス。
さらにニコニコしながら食べていると支配人が現れる。「お客様、不手際が有ったようで申し訳御座いません。冷たくなってしまったその料理も後で作り直してお持ち致します。」「上海蟹を食べるのは時間が掛かる事ぐらい料理人は知っているよね?タイミングを計って出すぐらい当たり前だよ!コックによく言っておいてちょうだい」「かしこまりました」こんなやり取りが有ったりしてやっと蟹の完食。残りの料理はタイミング良く運ばれてきた。蟹を食べる時のもう一つの楽しみ、それは味噌の部分を白いご飯に乗せて食べる。これが又美味いのだ。
そんなこんなで満足満足。支払いの時再び支配人が現れ丁寧に礼を言われる。
 
 さて、上海蟹を単品で食べるなら此所がお薦めの店が有る。
横浜中華街にある桃源邨(とうげんとん)。雄雌・大中小が好みと懐具合で選ぶ事が出来る。写真で見れば解るように12席しかない小さな店ですがその時期店頭に蟹の入っていた空篭が積まれる。絶対お薦めの店。DSC08455
881-8140_IMG_1
maps

« 遊癒ウォーキングその2 | トップページ | 静岡ワンダーホーゲル創立45周年 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊癒ウォーキングその2 | トップページ | 静岡ワンダーホーゲル創立45周年 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ