« 上海蟹 | トップページ | ハワイ4泊5日499ドル »

2005/11/05

静岡ワンダーホーゲル創立45周年

11月3日、 記念行事は富士五湖の一つ西湖の南にある紅葉台〜足和田山(五湖台)で行われた。
僕の所属支部は4号車と指示が有ったものの 無い!????
隣に止まっているバスが5号から推察して寿号と書かれたバスが指定のバスのようだ。
乗り込むとすでに多くの仲間達が乗っていた。
乗り合わせたメンバーの平均年齢からすれば寿号は大サービス。どう見ても鶴亀号だ。
7時新静岡出発。紅葉台下駐車場到着。
準備体操の後9時40分、県内各地から総勢232名が隊列を組んで登り出す。紅葉台到着10時5分。
木々の間から見えるはずの富士山がしっかり見えない。一本立ててすぐ出発。
此所からは水平移動するようなもの。10時25分三湖台到着。
遠く朝霧方面から三ツ峠山の先まで見渡せる。その名の通り本栖・精進・眼下に西湖が見える。
残念な事に富士山の頭が隠れしかも霞んでいる。下の乗馬クラブから遠乗りして来た馬が数頭居た。紅葉の最盛期、多くの登山者で賑わっている。
「此所で記念行事」 と言っても会長の挨拶と歌と昼食。
出発12時40分。軽い上り下りが有る程度で歩きやすい。黄色く色付いた木はそこそこ有るが赤く染まる木はほとんど無い。しかし枯れ葉の重なる広く整備された道をサクサクと音を立てて歩くのは気持ちがよい。左に時々西湖が見える。樹木が生長し途中富士山を見る事は出来ない。
一回休憩しただけで五湖台(足和田山)に1時40分到着。
櫓を組んだ立派な展望台が出来ている。大きく切り開いた正面に富士山がデンと構えているのだが八合目から上は隠れている。北には眼下に河口湖。ン?此所は五湖台。あと四湖が見えない。
木が小さかった頃は見えていたのだろうか?名前の由来が気になる。多くのハイカーと大世帯の我々で山頂はごった返している。証拠の記念写真を撮って1時50分出発。
ルンルンと快適に下り続け途中一回休んだだけ。三湖台分岐も気が付かずにあっと言う間に紅葉台に到着してしまった。2時45分だった。此所紅葉台迄は車で来る事も出来る。
気分良く木々の臭いを感じながらさらに下る。時折排気ガスの臭いとバフンの臭いも混ざる。
駐車場到着3時。使った筋肉のストレッチをしてバスに乗り込む。無事終了。お疲れ様。
 このコース、子供連れや足に自信のない人でも充分楽しめる。紅葉台まで車で上ってしまえばさらに楽。ただしこの道、車高の低い車は非常に厳しい。雨上がりなどはスリップして上がれない事もあるから注意が必要。
名前からして山全体が赤く染まると勘違いする人が多い。山の所々と道路沿い、或いは麓に赤くなる木がある程度。何故詳しいかって?すぐ近くに山小屋(とても恥ずかしくて別荘とは言えないお粗末小屋)を持っているから。
写真は三湖台山頂IMG_3154



« 上海蟹 | トップページ | ハワイ4泊5日499ドル »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上海蟹 | トップページ | ハワイ4泊5日499ドル »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ