« ふぐを食べに下関に行く 3 春帆楼 | トップページ | またもや 上海蟹 »

2005/12/02

ふぐを食べに下関に行く 4

今日は赤穂。大石神社は善男善女の初詣で溢れている。浅野内匠頭長矩(正式にはあさのたくみのかみながのりだそうだ)より大石の方が人気なのかと感じてしまった。僕の良雄名は大石内蔵助良雄から取ったと死んだ親父から聞いて居るので拝むのも気合いが入る。去年は余り良い事が無かった。今年こそはと心願成就を願う。
赤穂城跡本丸公園は休みで入れなかった。花岳寺・息継ぎ井戸と見て今宵の宿 赤穂パークホテルは町から離れた閑静な場所だった。駐車場入り口に大型観光バスが止まっている。運転手がすみませんね〜と会釈。お客さんが降りたのに一向に走ろうとしない。突然バックして来る。あわや!やっと駐車場に案内されチェックインするが延々と待たされた。大変な混雑である。鍵を渡され部屋に行くが出来上がっていない。散らかったままメイドも居ない様だ、同じ階は他の部屋も出来ていない。切れた。フロントに掛け合う。「最上階のお部屋をご用意させていただきます。」部屋に通され恭しく慇懃に「ドリンク券をお持ちいたしました。何時でもお飲み下さい。そしてこれは朝食券で御座います。」いや僕は朝食無しプランです。一瞬の沈黙の後「お詫びの印に無料で付けさせて頂きます」 かくして安い料金で良い思いをさせて頂いたのであった。
明けて三日天気予報は此処山陽地方は雪に成る様な事を言っている。晴れたり曇ったり、雪がパラついたりと目まぐるしく変わる中、高速道路を一挙に静岡へ。始まったUターンも有り帰宅したのは十八時三十分だった。全行程1826㎞柔らかなスタットレスタイヤを履いて我が愛車アルファロメオは良く走ってくれた。
(エンディング曲 ヘッドライト・テールライト ♪♪語り継ぐ人もなく♪)


3001

« ふぐを食べに下関に行く 3 春帆楼 | トップページ | またもや 上海蟹 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふぐを食べに下関に行く 3 春帆楼 | トップページ | またもや 上海蟹 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ