« 大間の まぐろ | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No1 »

2005/12/28

読んで下さった方々有り難う御座いました

 9月のある日,JTB静岡より一通の案内状が来た。
クルーズとオーストラリア・ニュージーランド旅行の説明会だそうだ。
種種の事情で延び延びになっていたニュージーランド旅行の情報収集には好都合と参加する事にしたのです。
市内一流ホテルでお茶とケーキ付きで始まった内容は旅とクルーズの説明、ツアコンの現地情報や楽しみ方、豊富な資料も添えて至れり尽くせり。
25名程の参加者の内、クルーズ経験者が四分の一も占めていてビックリ。
最後にお楽しみ抽選会があり解散。

 10月1日、Lグレードホテル、特にマウントクック(ニュージーランド最高峰)ビュー限定、二日間のトレッキング付きパック旅行を申し込んだ。
いきなりキャンセル待ち。Aグレードホテル、マウントクックが見えない部屋を第二希望で出す。これもキャンセル待ち。困ったあげく片っ端から自分で調べJALパックのトレッキング無し、マウントクックビューに泊まれるパックをJTBに第三希望で申し込む。しかしこれもキャンセル待ち。途中の経過報告も望みが少なそうだ。
11月13日「第三希望で取れました(^^)V(^。^)」と担当者の嬉しそうな声。でも第一希望取れるように引き続き頼むよと言って電話を切る。19日、再び電話。今日を過ぎるとキャンセル料を払わなくてはならないとの事で渋々第三希望で全額支払う。
さて、いよいよ明日29日出発1月5日帰国の正月休みをフルに使った旅の顛末は帰国後少しずつ書く事にしよう。

 クルーズに興味を持っている人にとても参考になるホームページが有ります。
妻の知人で
たけちゃんの 飛鳥 世界一週クルーズ乗船記

http://sor.zive.net/yo_chan/take-chan/

航海中毎日何をして過ごすのだろうか?
食事はどんな内容だろうか?
食費や飲み代は?
部屋や艦内の様子はどんなだろうか?
乗り物酔いや病気の時は?
停泊地でのオプショナルツアーは?
そして何より気になる料金は?
目から鱗や、やっぱりそうか! 等々参考になる事ばかり。
長編です。
じっくり構えて少しずつ読んでみましょう。

今年も色々ありました。
つたないブログを読んで下さった方々有り難う御座いました。

行ってきま〜す(^^)/〜〜〜

« 大間の まぐろ | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No1 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大間の まぐろ | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ