« ニュージーランド旅行顛末記 No3 | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No5 »

2006/01/14

ニュージーランド旅行顛末記 No4

IMG_3891明けて2日、雨は相変わらず降り続いている。部屋の窓から見た景色は激変。山の至る所からおびただしい数の滝が現れた。めったに見られない光景だろうか。午前中の自由時間に何処かに行きたいけど無理だろうな〜〜〜
ゆっくりと朝食を取る。日本人のグループが雨をものともせず何組も出て行く。どのパーティーも本格的な登山靴と雨具の重装備だ。そして必ずガイドが付いている。10時前チェックアウトも済ませ様子を見ていると突然陽が差した。雨も上がった。今だ!とばかりにケア・ポイントまで行く事にする。その後とんでもない事になろうとは・・・・・・・・
10時25分ホテル出発ドネーションポストを右にチラッと見て歩き出す。10分も経たないうちに雨が降り出した。二人ともポンチョを着る。木道の先で昨日は無かった川が流れている。増水で突然出来たのだ。対岸に渡る事が出来ない。一人強引に渡ったのか先を歩いているのが見える。アジヤ系の若いカップルが石を投げ入れて居るが焼け石に水。ちゅうちょ無く少し下流まで行き浅く広がった所を裸足になりズボンを膝の上までまくって妻の手を引きながら渡った。
冷た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!
氷河を伝わってきた水がこんなに冷たいとは!
再び靴を履いて膝丈の草むらを登山道まで戻る。ニュージーランドは毒蛇は元より蛇も猛獣も居ない。安心して草むらも歩けるのは有難い。トレッキングに人気がある理由の一つになっている。分岐点通過11時。此所からは雨よりも風がスゴイ。
横からまともに当たる雨が顔を突き刺す様に痛い。11時15分ケアポイント到着。証拠写真だけ撮って帰ろうとすると単独行の外人が話しかけてくる。此所で引き返すと言うと 50m先に展望台があり素晴らしい景色だから行け と言っている。
渋々妻と見に行くと、眼下に広がる小さな氷河湖、そこに氷河の端が到達し落ち込んでいる。まわりの山からは細く幾千筋の滝又滝。う〜ん見ておいてよかった。しかし残念な事に真正面に見えるだろうマウントクックの姿は ない。
11時25分下山開始。分岐点11時40分。
何人もの人が川を渡ろうとしたのか細い木が掛けられたりしているが誰も渡れた形跡はない。何故なら他に登ってくる人は居なかったから。幸いな事に増水していない。意を決して渡った。水に浸かった足は痛いのを通り越して感覚が無くなる。
大急ぎで拭いて靴を履く。靴を履いている感覚がない。ボキャ貧の僕には表現のしようがない。
この間にも傘を差した二人連れが来たが引き返している。12時15分ホテル到着。今思い返せば無事に帰られてよかった。
コーヒーショップで軽い食事を取り一息ついた。

一昨日別れた人が今日のバスで来ている。今日は此所に泊まるらしい。2時半クイーンズタウンに向かってバスで出発。
途中果物直売所などに寄りながら4時間掛かって到着。ここの果物は安くてしかも美味かった。
ニュージーランドではバスの運転手が運転しながら観光ガイド役もやる。しゃべりながら走って大丈夫かよ〜!ッと心配になってしまう。それはそれとして、今日のスルーガイドの英語力はスゴイ。ほとんど同時通訳して居る。思い返せば高原列車の帰りのバスのガイドはほとんど別の話をしていた。


IMG_4103今宵は ミレニウムホテルクイーンズタウン
このホテル外観は2階建て。だが実際は5階建て。掘り下げて中庭まで付いている。翌日気が付いた。この町には高層建築物がない。町の美感を守る為に建築制限されているのだろう。素晴らしい事。
ここは、この国3番目に大きいワカティブ湖の湖畔にあるおとぎ話の様な町。”女王様が住むに相応しい町”そこからクイーンズタウンと命名されたそうで納得納得。 
夕食は中華。出される料理はどれも美味しい。その中に鹿の肉が有った。うまいじゃないか!素材じゃない料理方法だよ。
2日目に食べた鹿はなんだったんだ?
食後は散策をかねて町の土産物店を物色する。夜の10時半だというのにまだ少し明るいし観光客も多い。
雨が降ってきたので急いでホテルに戻り明日に備える。


« ニュージーランド旅行顛末記 No3 | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュージーランド旅行顛末記 No3 | トップページ | ニュージーランド旅行顛末記 No5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ