« 大鈩不動尊 | トップページ | 越前ガニ »

2006/02/01

5月の連休

正月旅行も終わり次の旅行は何処に行くか思案していたのですが幸いな事に今年5月の連休は5日間とまとまるのでアンコールワットにでも行くか?と思っていたのです。
所が意外と希望に叶うようなプランもなく、鳥インフルエンザも怖いと決めかねていたのです。
発想を変えて予てより行きたかったハワイ諸島の一つカウアイ島にしようかとユナイテットエアラインに電話すると席が取れた。マイレージでビジネスクラスのアップグレードもリクエストしたがこれはどうも難しそう。

次はホテル
インターネットで検索。シェラトン・カウアイ・リゾートのデラックスオーシャンビューが取れた。
家内は「別に海に面して無くても安い方でいいよ!」と言っているのですが僕はこだわる。
605ドルのルームチャージがスターウッド・プリファード・ゲスト に登録し、メンバーになると1泊393ドル。それにリゾートチャージ26.04ドルさらに税金11.416パーセントが掛かる。
何か良く解らないまま予約する。
利点は二人分の朝食・各種イベント参加が無料等々有るらしい。
1ドル120円で換算して224,100円(現地4泊)。航空運賃2人で366,140円。合計590,240円
ウ〜ン!?けっこう高いな〜
同じ日と同クラスホテルのJALパックアイルで検索すると1人360,000円。(飛行場ホテル間の送迎付き)確かに個人旅行の方が1ホテル滞在の時は有利。とは言え、いつも一番高い時しか行けない悔しさは付きまとう。リタイヤして最も安い料金で行ける頃には自分の体力も無く五感もすっかり衰えて旅行どころでは無くなっているのかも知れないし、急な病で寝たきりになるかも知れないし、最悪もっと悪い事が起きないとも限らない。そお思えば少々の事は目をつぶってエイヤ!とばかりに決行するのが一番ベターな選択なのかも知れないと何時も都合良く決める。

エアチケットを EーTicket で送ってくれと頼んだら電子メールで送られてきた。それをプリントして当日持って行けば良いとの事。
ターミナルから座席、機種と食事の内容まで記されている。参考までにその一部をJPEGにして添付します。
後は出発までにビジネスクラスにアップグレード出来る事を願って・・・・

e90112jpg

« 大鈩不動尊 | トップページ | 越前ガニ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727635

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の連休:

« 大鈩不動尊 | トップページ | 越前ガニ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ