« 5月の連休 | トップページ | 最近見つけたお気に入り »

2006/02/06

越前ガニ

IMG_4281 例年この時期に本物の越前蟹を食べる会があり参加している。
父の代から続いていて殆どが二世に変わってしまったがその歴史の古さと本物にこだわるグルメは受け継がれている。
最近北陸地方ではその土地土地で証拠となるタグが付くので本物か偽物か推察する必要もなくなった。
父の頃は、さあ食え!とばかりにテーブルの上に蟹が山積みされ、もお食えない!とギブアップするまで食べたそうだが今は高くてとてもそんな大それた事は出来ない。
それでもギッシリと身のつまった蟹一杯と蟹刺し、そして蟹焼、さらに甲羅ごと焼いた蟹ミソ。ここらまで食べるとお腹一杯。もお食べられません!となるのです。
刺身は新鮮な現地でなければ怖くて食べられない。蟹刺しで当たると死ぬと昔からから言われているので是が非でも此所で食べたい逸品。
お造りや蟹の茶碗蒸し、さらには蟹鍋など殆ど手を付けることなく残してしまうのです。
今年も大騒ぎのグルメ集団の仲間達は大阪・岐阜・名古屋・静岡・福井の面々。来年の再開を約束し帰路につく。
写真はダグの付いた越前ガニと蟹刺し。

IMG_4280
越前ガニ
今期は昨年11月6日解禁今年3月20まで続きます。越前の荒波で育った蟹は見た目に大きな爪を持つのが特徴です。さらに大型で身が締まり溶けるような白い身と甘味にとりつかれてしまう食通は数え切れない程いるのです。
一般に食べている越前ガニ(ズワイガニ)は雄で、雌は此所越前では セイコ と呼びます。石川・富山では こうばこ 山陰地方では おやがに と呼ばれているようです。
漁期は資源保護の為に11月6日から1月10までで味が濃く特に宝石のような卵の外子と甲羅の中の鮮やかな色の内子は好きな人にはたまりません。

« 5月の連休 | トップページ | 最近見つけたお気に入り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727631

この記事へのトラックバック一覧です: 越前ガニ:

« 5月の連休 | トップページ | 最近見つけたお気に入り »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ