« ANAホテルで一寸リッチに過ごす | トップページ | どんな時におばさんになったと感じるのか »

2006/02/21

八端丈山・葛城山・城山

八端丈山〜葛城山〜城山

2月19日西伊豆の低山歩きをしてきた。マイクロバス満席の総勢25名は三津シーパラダイスの先で下車、8時15分ストレッチ後元気に歩き出す。
長浜口登山道8時20分、此所から急な登りが続く。さすが蜜柑の産地、両側は蜜柑畑が続く。ウグイスが上手に鳴いている。もうそんな時季になったんだと実感する。さらに急登が続き9時5分展望台に到着。此所からはヨットハーバーや三津、沼津、さらには富士山も見えるが春霞の中にボンヤリ。ひとしきり景色を楽しんで出発。尾根には9時15分、此所から最初の目的八端丈山410メートル(はったんじょうざん)までは5分。広く開放的な山でした。次の目的葛城山の頂が見えている。
IMG_4353

記念写真を撮って9時40分下山開始。10時5分、途中で益山寺(えきさんじ)に立ち寄る。此所には大イチョウと県内最大の大モミジが有る。よほどの事がなければ立ち寄る事もないと思われる場所に有った。
同じ道を10分弱引き返して益山峠、右にとって葛城山方面に向かう。11時10分竜神岩通過。葛城山分岐を左に取り右回りで山を三分の一周ほどまわり伊豆長岡ロープウエイの鉄塔の下をくぐると頂上はすぐ。
葛城山(452メートル)到着11時30分。マイクロの中継アンテナ・TVの送信アンテナ等アンテナが乱立している。ロープウエーで登ってきた人で頂上は賑わっている。そこにパラセールを背負った人が15人程滑空場に向かっている。360度遮る物がない山頂でも今日は霞んでハッキリ見えないのが残念。そうこうしているうちにパラセールが何機も飛び立っていった。12時20分、別の道から同じく右回りで下山開始。先ほど歩いた林道に出て左に進み分岐まで戻る。12時40分。一本立てて城山方面に向かう。城山峠1時35分。此所から城山頂上は10分と書いてあったのでほとんどの女性達はリュックを置いて登り始めたがきつい登りの連続で15分掛かり到着は1時50分。342メートルと高くもない山だが景色は素晴らしい。修善寺虹の郷からぐるっと左にパンして沼津方面まで見えている。しかし残念、富士山がしっかり見えない。雪を頂いた5合目から上が霞んで見えているだけ。スッキリ晴れていれば愛鷹連峰も見えるはず。葛城山や眼下の狩野川は手に取るように見えた。2時出発して下りは10分で峠まで戻る。すぐ出発の予定でリーダーの「出発!」の声も聞こえないらしく女性達がお喋りに夢中。
何かと思えば置いてあったリックが無事有って良かった。みんなで感謝!なんて言って柏手をたたいて拝んでいる。たわいのない事でも女性が居ると面白くさせてくれる。笑いの天才達?
峠からの下りをしばらく進むと左手に城山の岩場が見えてくる。三組が練習していた。しかしこの岩場はスゴイ。ズド〜ンとほぼ垂直、上部にはオーバーハングも数カ所。立てに入るクラックやチムニー等もある。実際取り付いて見なければ確かな事は言えないがメチャクチャ手ごわい壁だ。
道はやがて大きな岩がゴロゴロした歩きにくい道に変わったが突然城山登山道入り口に下りた。2時45分。
韮山の ”めおと湯の館”に寄ってから帰静する。風も無く穏やかな一日、一寸したハイキングにちょうど良いコースだった。
城山登山道入り口には駐車場もあり此所から城山往復、城山・葛城山往復、さらに八端丈山まで往復と体力に合ったコースが選べるのもよい。

IMG_4362

« ANAホテルで一寸リッチに過ごす | トップページ | どんな時におばさんになったと感じるのか »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727623

この記事へのトラックバック一覧です: 八端丈山・葛城山・城山:

« ANAホテルで一寸リッチに過ごす | トップページ | どんな時におばさんになったと感じるのか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ