« 八端丈山・葛城山・城山 | トップページ | ちょっとショックな出来事 »

2006/02/27

どんな時におばさんになったと感じるのか

どんな時におばさんになったと感じるのか

かなり前の事、NIKKEIプラス1 に興味深い記事が載っていた。
確かにそうだと思わずうなずいたり感心したり、さらに反面教師にもなる。
抜粋した内容は以下のとおりです。

「猫が年をとると、だんだん図々しく不気味になってくる。女もうっかり年をとると、似た性格を帯びてくる」
昭和初期の作家、平林たい子はこうつずった。

おばさんになったと感じる時
1=人や物の名前が思い出せなくなった
2=下っ腹がぽっこり出た
3=白髪が増えた
4=アンチェイジング(抗加齢)の化粧品や健康情報に興味を持つ様になった
5=太った
6=スカートよりパンツルックの方が多くなった
7=電車で座りたいと思う様になった
8=目の下のクマがとれなくなった
9=年齢を聞かれるのが嫌になった
10=連続ドラマの主役の年齢と自分の年齢の差が開いてきた
その他少数意見には
 ナンパされなくなった
 町で「女の子募集」のティッシュをくれなくなった
 ビニールの買い物袋を開く時、指をなめるようになった
 等がある

男性から見た「おばさん化現象」
1=下っ腹がぽっこり出た
2=気が付くと「今の若い子は」と言っている
3=白髪が増えた
4=太った
5=人や物の名前が思い出せなくなった

何歳以上をおばさんと見るか
  女性       男性
1=個人差がある    40歳
2=30歳       個人差がある
3=40歳        25歳
4=35歳        30歳
5=50歳        45歳

男性は、年齢そのものには寛容のようだ
とは言え意見は厳しい。
このくらいの年齢から「明らかに肌つやがなくなり、体型も崩れる」
「急に羞恥心が無くなる」等もあるが、勿論これらはそのまま
「おやじ」
の判定基準にも成る訳だが・・・・・

以上が切り抜いた記事の全文です。
あまりにも言い当てた感があり切り抜いておいたのです。

日頃主にお付き合いのある方々は、既に通過してしまった観が有る、と言ったら失礼かな?
特に ”ぽっこり”は言い当てて実に愉快と言いたくなる。

しかし幾ら何でも25や30歳でおばさんはかわいそうだな〜
40過ぎてもミニスカはいてる人もいるし〜
何時までも若く元気で居て下さい。
その方が世の中明るくなるし、オバチャン達が元気だと日本の景気も良くなる。


« 八端丈山・葛城山・城山 | トップページ | ちょっとショックな出来事 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727614

この記事へのトラックバック一覧です: どんな時におばさんになったと感じるのか:

« 八端丈山・葛城山・城山 | トップページ | ちょっとショックな出来事 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ