« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/29

帝国ホテル大阪とお花見 3

翌28日、ゆっくり朝寝、朝食後船乗り場に行くとモーニングクルーズが帰ってきた。「食事内容はどうでしたか?」「コンチネンタルスタイルですが美味しかったですよ。ホテルのウエイターがちゃんとサービスしてくれるから気持ち良いし、飲み物お代わり自由だし」花より団子を聞く我々でした。
予想通り桜は昨日よりドーッと咲いている。場所取りのシートが至る所にある。早くも出来上がって大声で話しているグループも有る。
IMG_0636写真はホテル前 一挙に咲いた桜並木。
 後ろ髪を引かれる思いでホテルを後にし難波に向かいました。たこ焼きに豚まん。ん?豚まんは大阪名物ではないよな〜。とびきり旨かったから良いや。昼食とデパ地下で買い物。カーナビを 自宅に帰る にセットして丁度二時走り出す。掛川インター付近で朝昇竜の二場所連続全勝優勝を聞く。ニュースで名神一宮インターが閉鎖と言っている。通過した後で助かった。静岡に到着後食事してから帰宅。全行程898㎞でした。

2006/03/27

帝国ホテル大阪とお花見 2

三月二十七日朝五時丁度我が家を出発する。袋井インターを通過する辺りで後ろから深紅に輝く朝日がバックミラーに映る。昨夜作ったおむすびをほおばりながらの運転で一挙に養老サービスエリアまで。一休みして最初の目的地石山寺
 http://www.biwa.ne.jp/~shikibu/
 に。桜も名所の様だが梅はまだたっぷり咲いているとの情報だ。気の早い桜が咲いているかも知れないと期待。九時丁度町営の駐車場に到着。一回六百円、タッケー。寺についてはホームページを参照願いたい。琵琶湖の最も南端に位置したなかなか風情有る町ではないか。寺も良いが町も良い。機会が有ったらゆっくりと訪れよう。
寺を後に大阪は梅田に直行。特に目的が有る訳ではなく散策・昼食・買い物を満たし大阪城へ。

1001-01写真を見ての通り一部の木は咲いているが満開までには後五六日か?それでも待ちきれない人々が大挙して花見に押し掛けている。天下泰平。
せっかく取れたホテルだ、早めにチェックインしたがインターネット料金のサービスプライスはリバーサイドビューではないんだ〜。がっかりだけどしょ〜がないか!。梅田界隈がさほど離れていない所に見えている。さて!桜宮公園の散策だ。対岸からホテル側とぐるっと一週約一時間半運動がてらに歩く。一分〜二分咲きと言った所だろうか。たまにそそっかしいのが五分咲きぐらいか?満開の時は河面に桜が写ってさぞや綺麗な事だろうと想像出来る。ホテルのレストランにもにもこの時期桜絡みのメニューが有る。そしてなんと言ってもこの時期だけのイベントメニューはホテル前から出るレストラン船。桜を見ながらの食事は又格別だろう。
朝・昼・ティータイム・ディナーと自分の都合や希望の時間、そして懐に合わせて乗る事が出来る。(-_^;) エッ?我々が乗ったかって?乗らなかった。実は二年前の秋に観光クルーズをしているので今回は止め。それよりホテル内の吉兆で懐石料理。こんな時でなければ田舎に住んでいる我々は吉兆さんの懐石は食べられないから。
夜はライトアップされて又趣が違う。幻想的に浮かび上がる桜のほのかなピンクが綺麗だ。満開ならサゾヤと悔やまれる。予定していた造幣局の通り抜けも無い。残念。しかし河面を通り抜ける風は暖かい。明日は一挙に咲くかも知れない。
続く


2006/03/25

帝国ホテル大阪とお花見 1

 このお花見旅行顛末記は2004年3月27日〜28日に掛けて出かけた時のものです。
時期も丁度良くブログに乗せる事にしました。

三月十七日、テレビやラジオでは各地の桜が一斉に開花宣言をした旨を告げていた。
このペースだと二十七日には満開に成りそうだ。
急に思い立ち目の前が大阪城のニューオータニ大阪へ電話するも全館満室。ならば造幣局の通り抜けが楽しめるホテルにしようとネットで検索すると、リーガロイヤルが二人で二万四千円空き少々と有る。家内に同意を得てから再度アクセスしたが十七時過ぎた為か三時間ほどのタイムラグで満室と成ってしまう。がっかり!ならば帝国ホテルにアクセスすると一万二千円ワア! 安い!ここぞとばかり申し込むがあまりの安さにデラックスツインだと如何ほどか聞くとなんと一万三千百二十五円サービス料・税金込み。さすが大阪、帝国ホテルといえども高値にあぐらをかいて居ない。これだ! これらの遣り取りをメールでやっているのだが、まるでチャットをして居るようにサクサクと。これもさすが大阪と感心。直ぐ予約完了。ヤレヤレ。
一晩考えた、いくら何でも帝国ホテルがなんでそんなに安い? 翌朝、再度ホームページにアクセスして解った。帝国ホテルもどきだ。場所も違うしよく見れば名前が大阪帝国ホテルと成っている。しかもカッコして小さな文字で ビジネスホテル と有る。ナンテコッタ! 即座にキャンセルのメール。
改めて帝国ホテル大阪にアクセス。スタンダードダブルが辛うじて空いてる。狭いけどダブルで我慢しよう。税別三万二千円。リーガロイヤルに比べるとちょっとオーバーだがそれでもインターネット料金だ。ここは良しとしよう。
翌週天候は冬に逆戻り。箱根は雪でチェーン規制、東京も雪が降った?桜の花びらに雪が積もった映像をニュースが伝えている。桜情報のホームページも大阪は咲く気配すらない。やれやれ困ったぞ。存分考えたがせっかく取れた宿。桜がダメなら梅と団子と買い物だ。気の早い桜が一つや二つは咲いているだろう・・・かくしてちょっと不安なお花見旅行が始まりました。 続く

2006/03/23

新聞記事から 直してほしい事

夫・妻に直してほしいこと
と題して昨年の暮れに NIKKEIプラス1 に興味深い記事があった

 <妻から夫への願い>
①たばこをやめて
②頑固で自分の考えを曲げないのをやめて
③自分が間違えたら素直にあやまって
④収入をもっと増やして
⑤洋服を脱ぎっぱなしにしないで
⑥節約に協力して
⑦片付けや整理整頓をきちんとして
⑧いびきや寝言、歯ぎしりをやめて
⑨テレビや照明をつけっぱなしにしないで
⑩健康のために休養をとって
1〜3はわかるよな〜。男はみんな北朝鮮の君主みたいなもんだから。
4は困ったぞ!貧乏のどん底からはい出す事は教育と教養を身につけた上で、不眠不休で頑張らなくちゃ。
5679は男の方がキチッとしている家庭も多いんじゃないのかな〜?照明もTVもタイマー付ければ解決するよね。
8はお互さまの家も有るでしょうし、やめろと言われたってね〜
10は有難い。そんなふうに思っていてくれるのかと思うと涙が出てきちゃう

 <夫から妻への願い>
❶片付けや整理整頓をきちんとして
❷自分が間違えたら素直にあやまって
❸口うるさくあれこれ言わないで
❹朝は早く起きて
❺頑固で自分の考えを曲げないのをやめて
❻カットして怒鳴ったりヒステリーをおこさないで
❼無駄な買い物をしないで
❽節約に協力して
❾不平や不満、小言ばかり言わないで
❿太ると言いながら食べるのをやめて
1が出来ないのは困った事だ
2はお互い様の所もあるしな〜
3は言わせておいてガス抜きさせてやれば良いじゃないか
4そんな女は追い出せ
5大きな声じゃ言えないけど男以上のところが有るからな〜
6多いんだってね。幸い我が家にはない
7と8は良いじゃね〜か 好きにさせてやりなよ
9の元は亭主にあるんだよ
10・・・食べたいもん!ね!ニコニコしながら旨い美味いと言っているのが一番幸せ。

昨年12月20日22日そおかな〜?の続きの様に成ってしまいました
さて、自分に置き換えてどう感じますか?

2006/03/20

牛ヶ峰

 3月19日静岡近郊の山 牛ヶ峰(地元の人は高山と呼んでいる)に行ってきた。
9時新静岡発奥長島行きバスに乗る。総勢18人。谷沢停留所9時45分降り立つ。林道を10分ほど歩いてこれから登り口の所で準備体操。10時5分出発する。
IMG_4491モノレールと平行して登る道はいきなり急登。一汗かく頃左手にとてもきれいに管理された茶畑が現れる。なおも登り一休みする頃抜けるようなきれいな空が木々の間から見える。さらに順調に高度を稼ぐ。今は放置されて延び放題になっている茶畑?と言うより樹に成ってしまったお茶の木が身長をはるかに超してトンネルになっている。使われずに朽ち果てた農作業小屋が何カ所もある。突然ぬかるんで滑る真っ直ぐな道に出る。誰が張ったかロープが一本。捕まって上がる人、ストックに頼る人、自分の足とバランスだけで上がる人それぞれ。その後も覆い被さった茶の木を横目に上り詰め、茶の木が無くなる頃前方が明るくなってきた。と思ったらそこは牛ヶ峰(717m)の頂上だった。11時40分だった。
頂上は野芝が張られ大きな桜の木が一本ある。日本平を真正面に見て左側にパンすれば竜爪・真富士山・十枚山・大谷嶺など安部奥の山々が一望出来る。五合目から上は雲に隠れていたが富士山も見える。市民に親しまれるわけだ。珍しく他のパーティーが居ない。食事の後山の歌を歌い12時50分八十岡に向けて出発する。
と、いきなり目に飛び込んできたのは木で出来た大きな展望台と水洗らしいトイレ。聞けば 高山市民の森 だそうだ。しかも林道がここ頂上まで来ていた。この林道は水見色から上がってくるのだそうでガッカリするやらこんな所でよぶんな事をする行政に腹が立つやらなさけないやら!
さて、ブツブツ言っていてもしかたがない。林道横の小さな標識を見つけて下り出す。IMG_45001時10分 高山の池に到着。この池には伝説が有り(写真を読んで下さい)地元の人が水芭蕉を植えて管理もしているそうだ。周りの林は良く手入れされて明るく差し込む光がまぶしい。中間展望台が有るのでザックを置き2分ほどで到着。国1宇津ノ谷トンネルから竜爪方面まで奇麗に見えている。静岡市内は手に取るようだ。再び池に戻り1時25分に出発する。IMG_4514手入れの行き届いた明るい林や、荒れ放題で薄暗く下草も無い林、尾根筋等変化の有る道をノンビリゆっくりそしてひたすら下る。谷沢からの登り道と違いこちらは道と景色に変化があって面白い。途中2回小休止。団子岩方面と書いた標識を2時35分通過。さらに下りると大樽の滝近道と書いた標識を素直に入り左手に滝を見ながら通過する。水量が多くて見応えがある。さらに下ると林道に出た。
ここからが長かった。ひたすら平らな道を歩き続け原田バス停に3時30分到着。もう歩きたくない!と言っていた女性には気の毒でしたがバスの時間の事もあり美和中学校前バス停まで歩く。幸いな事に7分待っただけで3時47分のバスに乗る事が出来た。新静岡センター到着4時20分。
今日も無事に楽しい山歩きが出来た事に感謝します。

2006/03/17

タイトルを変えました

 自分のブログのタイトルが気に入らなくてしかたなかった。良く理解しないで大急ぎ付けたのでしょうがないのですがスッキリしないまま今日に至った。
やっと納得出来そうなタイトルが思いついたので今日から変えました。

さて、気になる言葉 おじさんは怒っているぞ編の続き。
「あたしって人見知りする人だから」や「あたしって可愛子ぶって喋るの嫌いな人だから」等とよく女性が話している。それはおまえが決める事じゃないだろう!他人が決める事なんだよ。「貴方はシャイな人だから会合で発言するのは勇気の要る事でしょう」等と言うのが正しいんだよ。

語尾を上げて言うなよ。 俺に聞くな! と言いたくなる。

静岡で話している人 「昨日東京の方(ほう)に行ってきましてね・・・」
静岡から見て東京の方とは横浜か?もう少し東京に近くて川崎?それとも東京通り越して船橋や松戸?もう少し遠くて千葉やさいたま? 何処に行ったのかキチッと言ってもらわないと何処なのか考えているうちに話はドンドン前に進んじゃって理解出来なくなってしまう。

○○って有るじゃないですか!  あるじゃないですか!って言われてもそんな事しらね〜よ。他人に同意を求めるなよ。

言い出せばきりがないほど気になる言葉が多い。プロであるアナウンサーまで平気で使う世になってしまった。
特にひどいのは素人女性が放送局などに採用され、地元でのインタビューや街角で放送する番組。聞きづらくてイライラする。

2006/03/13

のっけ家

 3月19日、デパートに用事があり出かけたついでに最近話題になっている静岡の 「のっけ家」に行った。
家内は天然本マグロ鉄火丼(750円),僕は本日のお薦め数量限定本マグロの頭肉丼(1100円)を注文した。
話題の店やTVで取り上げる店は本物の味を極めた事がない若い人の評価で食べて納得出来る店になかなか当たらない。

ここ「のっけ家」二種類しか食べないので言い切れないが、どちらも値段以上に美味い。お気に入りの店が一軒増えた。
他の人が食べている品物も見てみるとどれも美味しそうだ。そして小振りの丼鉢だがネタがいっぱい 乗っていてご飯が隠れて見えない。みんなニコニコしながら食べていた。

その他の主なメニュー
ねぎとろ温泉玉子丼・ねぎとろ丼・中落ち山かけ丼・中おち漬け丼・大とろ丼・ちらし・いか沖漬け丼・あなご丼・いくら丼・いくら他人丼・蒸しうに丼・蒸しうにいくら丼等がある。

2006/03/11

おじさんは怒っているぞ

ニュースステーションから報道ステーションに変わった日、期待もしなかったが,先ずは見てみようと待ちかまえた。
やおら始まって一つめの区切りにあのコメンテーターなのか番組の顔が「私的には うんぬん・」と言った。
その瞬間こんなバカが番組進めるのではとても見る気がしないと国営放送に変えた。しかしこっちの番組もあまりにもどっち付かずだしズバッと批判批評をしない。見ていてワクワクしないんだな〜。優等生過ぎると言うか面白くない。
最近又報道ステーションを見るようになった。さすが私的やあいまい言葉は使わないようになっていた。(日本中から指摘されたんだろうな〜?)しかし能力以上に高い所に登ろうとしてチグハグだ。でも国営放送よりましだし遠慮無くズケズケ言うところが良い。
 日経の夕刊に最近連載されるようになった おじさんは怒ってるぞ は ”マジッスか”や ”成ります”さらには”ワタシ的” 等が取り上げられて読んでいて「よくぞ言ってくれます!もっとジャンジャン指摘して!」とエールを送っている。そのうちに ”○○とか有るじゃないですか”も取り上げてもらいたいと思っている。
○○とか と言ったら ○○等 と必ず続きがあるはずで一つだけ言う時は とか は無しだよ。「○○とか有るじゃないですか」と言われると次は何か構えていたおじさんは思わず前につんのめりそうになるのだです。

2006/03/06

河津桜・南の桜と菜の花畑

IMG_4419何度見ても毎年同じだから今年こそ絶対に行かない!
と言っていながら、暖かくなり盛んにTVで取り上げられたりすると結局行ってしまう河津桜。
今年も懲りずに花見に行ってきました。
年々観光客の数は増え10時に到着するも駐車場は満車。駐められない車が右往左往して居る。仕方なく山を通り今井浜に抜ける道に路上駐車。既に五六台が駐まっていた。
桜は満開。桜並木は年々北へと延びて見事な光景が続く。若かった樹も次第に大きくなり見応えもある。
花見客は押し合いへし合いの大混雑。屋台の呼び込みも年々激しくなっている。どの店も試食の大盤振る舞い。「試食だけ食べ続ければお昼要らね〜な〜」と言いながら歩いていた人が居た。海岸まで行ってみるとウソのように静かで穏やかな海と伊豆東海岸の景色があった。
毎年不愉快に思っている事が今年も改善されないままだった。”サザエの串焼き”と称して売っている正体不明の貝?とある店でわざと聞いてやった「これサザエじゃないよね」店「サザエですよ」悪びれもせず良くもヌケヌケとウソをつくよ。
IMG_4454 さて、左回りで稲取のつるし雛→多賀でソバ→熱海の梅園→温泉の予定をこの混雑ではとても近寄れないと右回りに変更。下賀茂でこの時期やっている南の桜と菜の花畑のイベントを見る事にした。こちらの桜も年々良くなっているし菜の花畑の規模がハンパじゃない。菜の花の彼方に桜が咲く風景はとても好きで落ち着く。此所も地元の産物など売る出店がある。
IMG_4474西海岸はウソのように車が少ない。ひたすら北進。土肥を過ぎた辺りから見事な夕日が沈んで行く光景を見る。光の帯を横切るフェリーも絵になる。戸田の温泉 一の湯(300円)に入る。帰り際受付の男性に聞いてみる「戸田で美味い磯料理屋を教えて下さい」男性「この時間は何処も締まってます」と冷たい返事が返ってくる。夜7時を過ぎればそんなもんかと諦めた。
夜道の曲がりくねった道は対向車が来てもすぐ解るので走りやすい。大瀬崎を過ぎ内浦湾に面した所で瀟洒なレストランを見つけた。
偶然頼んだ料理に このわた・ミル貝・大トロ・煮こごり等、家内の好きなものがいっぱい。それにヒラメの縁側の昆布締めを追加。ビールの突きだしに出たワサビの茎の三杯酢漬け等、どれも満足の料理だった。
因みに僕は運転手。アルコール類は飲みませんし嫌いです。
満足な夕食も食べられて幸せな一日でした。

2006/03/01

ちょっとショックな出来事

昨年暮れ背中に何かが出来た。
時々痛ガユクなるので心配になり皮膚科に行った。
患部を見た先生(女医さん)

「あ、 これね、 老人性いぼ! 」

僕「・・・・・・・・・・・・・・」

ウ〜〜ン?もうチョット他の言い方が・・・・・・

先生「じゃまならすぐ取りますよ」
僕「取った後が化膿したりして病院に!なんて事になると暮れからお正月は困るので来年来ます」
先生「そお、じゃそおしよう」

この先生何時も元気でポンポン言うし実にアッケラカンとした先生で有名なのです。

でもな〜・・・ショック!確かに老人の域に達しているけど。。。。
何回思い出してもショックな出来事なのだ。。。。。。

雑務に追われ追われの毎日で行けなかった病院にやっと行ってきた。
先生はそんな事が有った事は勿論、言った事も忘れていた。

僕はズ〜ッと あの ”老人性”と言われた事が頭から離れない

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ