« ターシャの庭 | トップページ | 久田見祭り »

2006/04/17

薄墨桜

Img_4585 十数年ぶりに根尾の薄墨桜を見に行きました。車で大垣まで行き樽見線に乗って行く予定を出発の朝、全て車に突然変更。
まだ夜も明けやらぬ4時45分出発する。岐阜羽島で出て長良川添いをしばらく走る。一夜城周辺は満開の桜並木が何所までも続く。やがて道は樽見鉄道・根尾川とほぼ並行。いたる所桜が満開。なんと8時半には薄墨公園駐車場に到着。


Img_4552薄墨桜はほぼ満開。納得するまで見て下さいとばかりに咲いている。以前来た時の印象はその名の通り薄墨色でとても幻想的に感じたのですが今日見るそれはかなりピンク色が強い。土壌中の養分が変わったのだろうか?公園も様変わりし、整備されている。ほとんど気にならない程度の小雨が降ったりやんだりしているものの、時間を追う事にドンドン人が増える。やがてツアーの団体客も到着。出店の売り込みも一段と激しくなる。充分満喫して10時半次の行動に移す。

Img_4601
Img_4575
 岐阜城を中心とした辺りの散策と考えていたのですが、明日はもっと天気が悪くなるらしく明日行く予定の岐阜県加茂郡八百津町の 久田見祭り を見てしまおうと予定を変更。国道418号線を可児方面に向かう。峠を越す頃には雪が残っていてビックリする。細くクネクネした道が続く。朽ち果てたように軒先が大きく折れている家が何軒もある。今年の大雪で重さに絶えきれず折れてしまっている事に気が付く。

 八百津町を過ぎ久田見まで来ているのにそれらしい気配もなく闇雲に走っていても人にも会わない。とある民家に止め聞いてみると用があって行くから付いてこいと言う。解らない訳だ、細い道を入っていったその先に山車がしまわれていた。今日はこんな天気で既に終わり。明日も天候次第どうなるか解らないとの事。親切に山車庫を開け見せてもらった上に地図を書き、駐車場からカラクリが行われる神社まで親切丁寧に教えてもらい、明日迷わないように確認しておくと良い!とまで言ってくれた。有難い。
久田見を後に再び八百津町に戻ってから遅い昼食。一気に予約してあった名古屋の 東京第一ホテル錦 に。

つづく

« ターシャの庭 | トップページ | 久田見祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727559

この記事へのトラックバック一覧です: 薄墨桜:

« ターシャの庭 | トップページ | 久田見祭り »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ