« 帝国ホテル大阪とお花見 3 | トップページ | 何十年ぶりの在来線 »

2006/04/04

妻の財布

 何時も気になる妻の財布。
プリンプリンに実の詰まった餃子みたいに膨らんでいる財布。
ガマ口部分が小銭の入れすぎで隙間が開き硬貨ををよく落とすと言うかこぼす。
入れすぎていて支払いの度にスタンプを押してもらう為のカードを探すのに苦労する財布。
肝心の万札はたいして入っていない。
そんな状況を見かねて数年前までは財布のプレゼントを良くした。
しかしまたすぐにガマ口部分がゆるむ。
そして相変わらずパンパンに膨らんでいる。
ある日中身をよく見るとレシートがやたらと入っている。
何処でもらったのか各種サービス券やどうでも良いカードが詰め込むだけ詰め込んである。 それを堂々と手に持って買い物。
知らない人が見たらお金がギッシリ詰まっていると思うだろうな〜。

妻が何日か留守をする時は必ずその財布を置いていってくれる。
昔は断じてそのお金は使わなかった。
そんなもの使うのは男の名折れだと思っていた。
しかし
コンピューターの二千年問題が騒がれ1999年から2000年をまたぐフライトは危険だから乗るなと言われた丁度その時、親戚の住む英国に2週間遊びに出かけた。墜落する訳ない!と信じて乗る度胸も大したもんだとその時思った。
妻の居ないその二週間は、置いていった財布からしっかりお金を使って留守中の食事をする事に考えを変えた。なぜなら、そんな長い期間自腹で生活では僕の小遣いが保たない。

最近になってその置いていく財布に変化が出た。
万札しか入れてないのだ。
崩さないでね!
と言っているサインなのか?
使いにくくてしょうがない

« 帝国ホテル大阪とお花見 3 | トップページ | 何十年ぶりの在来線 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727570

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の財布:

« 帝国ホテル大阪とお花見 3 | トップページ | 何十年ぶりの在来線 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ