« カウアイ島旅行顛末記4 | トップページ | カウアイ島旅行顛末記6 »

2006/05/15

カウアイ島旅行顛末記5

Dsc08866_1  5月5日、今日はなんの予定も無い。窓を開けると風が強く椰子の木がざわざわと音を立てている。部屋でボーッとして居たいという妻を置いて朝の散歩に出かける。15分ほどで雨が降り出し大急ぎで部屋に戻る。9時メインダイニングには少しの列が出来ていた。数組前に女性2人組の日本人が居た。何を聞かれても部屋カードを見せるだけで一切受け答えしていない。それで此所まで来たのは偉い! 
一度もアウトサイドの席に座らなかったので要求したら2分ほど待たされたが席を作ってくれた。そこから撮った写真が初めの一枚です。いつしか気持ちの良い青空が広がって、ゆっくり気持ちよく朝食が出来た。Img_5346
目の前で人だかりがしている。ホテルの職員がロープを張っている。食事を中断して見に行くとハワイアンモンクシール(アザラシ)が居た。アプローチするなと書かれた札とロープ、その向こうにアザラシが居る。流ちょうに日本語に訳せば ”ちょっかいをしないでね!”とでも成るのだろうか? 後にはメインダイニング シェルズ が写っている。
Img_4710Img_5001食後の散策に出かけた途中「11時のフラの無料レッスンに参加したい」と、突然言い出すではないか。慌てて戻りフロントで聞くとガーデンプールの横でやりますとの返事。10分ほど待っていたが誰も参加者が無いらしくどうやら中止のようだ。
トレーニングジムは毎日良く歩くので使わなくても良いものの、遊ぶのが夢中で土産も買ってない。いわゆるホテルライフも落ち着いて味わっていない。ホテル内の庭やプールサイトを目的もなくぶらついたり寝そべったり、近くでお土産を買ったり、ビーチで写真を撮ったりと、何となく時間を費やす。

Img_5388今夜は息子が行って美味かったと言っていた店 ブレネッケズ・ビーチ・ブロイラー に行く事にした。バドワイザーにロブスターとサラダを注文。


Img_5397 ロブスターは少々の野菜とライスが付いている。美味い!そのままでも充分食べられるが試しに持参の醤油を垂らしてみるとさらに美味くなった。大満足だった。外国でいつも思う事は日本人は頭の部分も食べたいんだよな〜。サラダはサラダバーで勝手に食て良いそうだ。隣の席をフト見れば、昨夜ボリボリバリバリしながら食べたあのヘンテコなものを食べているではないか。そんなものの何所がえ〜んだ???こいつらの食生活を疑っちゃうね。何回もお代わりしたサラダは代金が付いていなかった。ラッキー!
Img_5442ベランダ前に泊まり客がカメラ片手に集まって来る。沈み行く夕日を撮りに。僕も下りてみた、そして撮ったのがこの一枚。とうとう真っ赤に染まるポイプビーチと空の写真は取れなかった。
帰国の支度で遅くまでドタバタする。

« カウアイ島旅行顛末記4 | トップページ | カウアイ島旅行顛末記6 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727523

この記事へのトラックバック一覧です: カウアイ島旅行顛末記5:

« カウアイ島旅行顛末記4 | トップページ | カウアイ島旅行顛末記6 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ