« クロアチア戦に思う事 | トップページ | 満観峰 »

2006/06/26

戦い終わって日が暮れて

日本のワールドカップは終わった。
それ見た事か!!といった感じばかり残り,負けたけどサバサバした”という感じがない。心底悔しがり精根尽き果てへたれ込んでいたのは中田と総じて熱狂的だったサポーターだ。ワールドカップへの思い入れの差なのだろうか?
技術の差以上に感じたのは《民族の気概を結集し、国の代表として戦う》気構えがない。ワールドカップサッカーは戦争なんだ。サッカーが元で戦争になった国もあるんだ。
選手の自主性を重んじる監督のやり方はアイマイと結果オーライの繰り返しの中で完成したと錯覚してしまった。
選手選考や戦術。さらには起用や選手交代の時期も疑問が残る。交代で最も大きな判断ミスは監督の交代だ。《戦術のない不可解な戦術》で綱渡りをし続けているのに監督交代を先送りしてきた。ボールにツバを吐いたり、試合後のユニホーム交換でもらったそれをグランドに叩き付けるような人にAチームの監督を頼むのは如何なものか。

実は彼を指名したサッカー界の独裁者がいる。元チアマンだ。Jリーグでは優勝カップを渡すのも、コメントや激励をするのも、あらゆる決定と表だった事をするのがチアマンだと思っていた。その上に居る会長はただの名誉職で飾り物だと思っていた。
所がチアマンは後輩に譲って会長に納まるやいなや、チアマンの仕事を全部取り上げ自分の仕事としたのです。そんな独裁者元チアマンがジーコを指名したのです。その元チアマンの会長は本人の希望でキャプテンと名のらせているのです。
何とも解せない日本サッカー界の現状です。一勝も出来ないまま敗退してしまった説明と責任を取らないまま新しいAチーム監督が決まろうとしています。話題をすり替えるが如く・・・・

« クロアチア戦に思う事 | トップページ | 満観峰 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727479

この記事へのトラックバック一覧です: 戦い終わって日が暮れて:

« クロアチア戦に思う事 | トップページ | 満観峰 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ