« 恐るべし 新聞の威力 | トップページ | 銀行で感じた事 »

2006/06/05

日本平にハイキング

 6月4日静岡県リクレーション協会主催行事で日本平に登った。実行主管するのは静岡ワンダーホーゲル。
8時30分東静岡駅南口でセレモニーと準備体操、8時50分出発する。此所から歩くのは一寸やだな!と思いながらも歩道と舗装道路をひたすら歩き県立図書館上部で休憩。此所はツツジが5分咲き、ソヨと吹く風が気持ちいい。圧倒的人数のワンダーホーゲルに比べ一般参加者は子供を含め10人にも満たない。20分休憩後出発。此所からは山道。明るい雑木林と竹藪が左側から攻めてくるヤセ尾根が続く。竹の一部は尾根を突き抜け右側にも出ていて、雑木がことごとく竹に駆逐されるのは時間の問題。行政も市民もそして手入れをしないでほったらかしてある地主も巻き込み竹の撲滅をしないと直ぐ近い将来大変な事になる。
途中何本かの登山道と合流しながら道は日本平に向かっている。市民の手軽なハイキングコースにしては案内標識がほとんど無い。多人数なので先頭と最後尾がかなりばらけた。遅れがちになって間が空くと、どっちに進んだのか解らなくなる状況が何回か出た。人数と子供や日頃山を歩いていない人が居る事を考えたら今日の先頭者は失格だ。やっと休憩地点に着いたと思ったら先に着いている人達は出発し始めた「良いんだよ今着いた人はゆっくり休憩すれば!」と思わず大きな声で言ってしまった。10分休憩後出発する。

Dsc08883_1頂上まで数百メートル地点まで来ると先の人は思い思いの場所で車座になり食事を始めていた。時間を見たら11時25分。お腹も空いたしちょうど良い時間だなと思った。デジタルTV放送用新のアンテナがデンとそびえて見えている。
12時10分出発。と言っても下り始めた。解せない?一般の参加が居るのに頂上まで行かないの?駿河湾も富士山も旧静岡清水も見ないで良いの??他県の人も居るんだよ!ナゼ? 「当然頂上まで登り景色も見ると思っていた」とクレームが付くよ!
20分ほど同じ道を下り左に折れて、さらに下って平沢観音に向かう。此所も市民の憩いの場。直ぐ隣は乗馬クラブ。10分の休憩を取り1時50分出発。此所から車道を通って1時15分遊木の森(ゆうきのもり)に到着。此所で山の歌の集いと一般参加者には参加賞と記念品が配られる。3時現地解散。一般参加者への帰りの道順や、場合によっては直ぐ横を通る路線バスへの案内などが無い。主管者はそのくらいの気配りが有っても良いと思うのだが・・・・・・全て自分達が中心で考えているからいけない!
身内の批判はそのくらいにして、その後静鉄の美術館前までの人等それぞれの方面に散りながら下る。僕はJR草薙駅まで真っ直ぐ下り到着4時。丁度来た電車に乗って東静岡駅まで。さらに自転車で我が家に帰る。
いろいろ考えさせられる行事だった。


« 恐るべし 新聞の威力 | トップページ | 銀行で感じた事 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727503

この記事へのトラックバック一覧です: 日本平にハイキング:

« 恐るべし 新聞の威力 | トップページ | 銀行で感じた事 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ