« 鷹ノ巣山・浅間山 | トップページ | クロアチア戦に思う事 »

2006/06/21

前回の続き

 御殿場温泉会館を後に三島のウナギ屋 御○川 に行った。
あまりの不味さに名前を出す訳にも行かない。最悪のウナギだった。実はこの店、15日放映の 静岡発!そこ知り で取り上げていた店の一軒。偶然店の名前を思い出し行ってみる事にしたのです。この番組阿藤快がリポーターで県内のいろんなジャンルの食べ物屋を紹介するのですがどの店も美味しそうに見えないのです。理由は簡単。あの手の顔が食べている姿がまずそうに見えちゃうんです。しかも食べながらしゃべるとツバが飛んでいるようにすら思えて益々『食いたくね〜』となってしまうんです。
この手の番組は汚らしく感じるリポーターを使うのがそもそも間違いなんで、その点きれいな女優なんぞを使えば美味しそうに見えるしアレを食べればキレイに成れるような錯覚すら覚えるのではないだろうか。県内他局の同じ様な番組でギター抱えてレポして居る番組も似たり寄ったり。
いずれにせよ取り上げられた店に行ってもこれは美味いと思った試しがない。自分で食べ歩きして見つけるか美食家の生の声を聞くしかない。そんな中でも若い人の言う「美味い」で美味かった例もない。齢を重ね、美味いものを存分食べた人の「美味い」は確かに美味い。Img_5533
一見して解るようでは営業妨害と言われかねないので、店の写真を出すのは止めようと思う。専門屋ではなく料理屋でした。田舎の食堂が料理屋の看板を出していると思へば良いでしょう。僕は鰻丼とうな茶付けのセット。妻は鰻重の注文をしました。(テレビでは石焼きのウナギを注文していたと思う)運ばれた品を見て思わず夫婦で顔を見合わせてしまった。一見して不味そうです。蒸しすぎて柔らかすぎ。焼き加減も少なく蒲焼きの香りがない。ご飯も三島の桜屋のようにフハフハしながら食べる暑さがない。鰻重や鰻丼ならまだなんとか食べられても茶漬けにしたらご飯に溶けてしまって気持ちの悪い味にぃ!何とも後味の悪い締めくくりでした。Img_5534


« 鷹ノ巣山・浅間山 | トップページ | クロアチア戦に思う事 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727484

この記事へのトラックバック一覧です: 前回の続き:

« 鷹ノ巣山・浅間山 | トップページ | クロアチア戦に思う事 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ