« 迷惑メール | トップページ | マンゴー そのトロピカルな味 »

2006/07/28

なぜ社長のベンツは4ドアなのか

 なぜ社長のベンツは4ドアなのか?

と見出しを見ただけで思わず買ってしまった本。久しぶりに楽しく読めた。
「落とせる」とか「落ちないよな〜」など日頃深く考えずに使っている語意。
語意の裏にある本音で税務署を意識した綱引き。
決算のカラクリを上手に使えば
「なんだ!その手で買えば俺もベンツに乗れるぞ!」
と誰もが考えてしまうし、この際乗らなきゃ損だと思う。
決算の絡繰りや資金繰りと赤字決算。
「家の会社 これ使えるぞ! 使わなきゃ損だよ!」
など次から次へと実例が紹介される。
それも面白おかしく書かれているから笑っちゃう。

なぜ年商4倍の借金旅館が潰れないのか?
なぜラブホテル経営者は税金を払わないのか?
なぜイケイケの会社が倒産してしまうのか?
等その他沢山、読んで楽しい。

儲かっているように見せかけるいわゆる粉飾決算。
儲からないように必死に小細工した決算。
会社と立場で両極端なのは何故?

社長の給料誰が決めるの?
会計士でも税務署でもない。
社長が決めるんです。
社員から見ればとんでもなく不公平で独断。
ハッキリ言って搾取です。
かく言う私もその一人ですが・・・・
そんな事までこの本は暴露している。
会社には金はないし儲かっていない。
従って税金は払わない。
なのに社長個人の預金高はものすごいから不思議。
え〜! こんな事までまで暴露しちゃって良いの?
やめてよ!!!

この本読んだらサラリーマンやってるの馬鹿らしくなる。
やっぱり社長やらなくちゃ!
そしてベンツに乗るぞ!
と読んで起業する人が続出するだろうと思います。
サラリーマンだって交渉する時の材料や営業活動の種になる。

本の内容を細かく書いてしまうと著作権に引っかかります。
本屋で買って下さい。
余談ですが社長はこの本代は経費で 「落とせる」。
サラリーマンは自腹でしょ?
それとも図書館に行って、「この本買って下さい」と リクエスト出しますか?

やっぱり社長は良いですよ。
辛い事も多いですが・・・・・・・・

« 迷惑メール | トップページ | マンゴー そのトロピカルな味 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727443

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ社長のベンツは4ドアなのか :

« 迷惑メール | トップページ | マンゴー そのトロピカルな味 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ