« ラベンダー祭り | トップページ | 悠久の森 整備奉仕 »

2006/07/07

焼き鳥が値上げ?

 サラリーマンのささやかな楽しみの一つに焼鳥屋で 一寸一杯 が有る。上司の悪口を言って憂さ晴らしをすることが社員にとっても会社にとってもガス抜きとなりそれが上手く回っている元にもなっている。所がその楽しみも半減せざるを得ないかも知れない。理由は焼き鳥の竹の串が値上げで価格に転句せざるを得ない状況のようだ。ホットドック用の棒、竹の割り箸、巻きずしを作る時使う巻きすなど中国製竹製品の輸入価格が急騰している。原因は中国国内の建築材料向けの需要が拡大し竹材の確保が難しいのだと言う。

「この話一寸変じゃね〜の?」
日本の里山を見れば解る。森林は竹に駆逐されて見る影もない。奇麗に手入れされた明るい竹林は多少はあるが、殆どはほったらかされた竹藪で足を踏み入れる事も出来ないほど暗く荒れ果てている。山全体が竹で覆われると大雨で表土ごと一挙に崩れ落ちる危険性があると学者の講演で聴いた事がある。
こんな状況でも日本の竹を使わないのか?少々高くても良い機会だから使おうじゃないか!と思うのだ。いつまでも親のスネかじって暮らしているニートが大勢居る。こんな人達を初め、仕事より生き甲斐と思っている定年退職者達に竹狩り義勇団でも結成してもらい整備と竹串・割り箸などの製作に励んでもらう。中国製との差額は税金で賄う。元々ほったらかされた竹藪は税金をつぎ込んで始末せざるを得ないのですから一挙両得と思うのですが如何だろうか。
そんな思いをしながら9日には静岡市口坂本にある悠久の森にボランティアで森林整備に行く。
森林より竹藪の方が緊急課題だろう!
と少々矛盾を感じながら・・・・・・・・・

« ラベンダー祭り | トップページ | 悠久の森 整備奉仕 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727462

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥が値上げ?:

« ラベンダー祭り | トップページ | 悠久の森 整備奉仕 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ