« アンコールワット 5 | トップページ | 縞枯山 »

2006/08/28

アンコールワット 6

Img_6208

 ベトナム航空は預ける荷物のX線検査もなくペットボトルも自由に持ち込める。折りしもイギリスでテロ未遂事件が有ったとはとても思えないほど簡単に荷物が預けられた。機体は結構古そうで乗客サービス用のGPSは無い。TV放映は勿論無い(察するに故障したままなのだろう)。ヘッドホンから音楽は流れる。現地語らしいチャンネルとフランス語でしゃべり、流すのはアメリカ音楽と言うチャンネルもあった。
発着時間は極めて正確。
アンコールワットでは子供や地雷で足を無くした大人の物乞い(男性)が多い。更に乳飲み子を抱いた女性の物乞いもいる。
子供の物売りは可哀想ですが買ってあげたい品も無い。哀れだし気の毒だけど一人でも買ってやったり或いは施したら収拾がつかなくなるだろう。
観光客が捨てた空のペットボトルを拾い集めている子もいる。

アンコールワットの入場券は1日券$20・3日券$40・7日券$60です。
その時一人1ドルずつ余分に払い気の毒な子達を一箇所に集めれば成人するまで充分育てていけるはずだと思うし反対もしないんじゃないだろうか?

何故か今回の旅行は行って来たーーーっ と言う満足感がない。
遺跡を深く知りたいなら個人旅行がお薦め。
雨期なのに降られたのはホーチミンの統一会堂内部にいた時だけ。
雨具は一度も使わなかった。

日の出・日の入りについて改めて観光パンフを見れば
〖夕刻の情景・夜明けの情景〗と印刷されていて
【日の出と日の入りを見る】とはなっていない。
一寸詐欺だけど今後行かれる人は注意が必要。

カンボジア通貨はリエル 1USドル=4,000リエル 
ベトナム通貨はドン 100円=13,500ドン
旅行者は現地通貨一切不要。全てUSドルで通用。しかもその方が喜ばれる。
現地通貨を日本に持ち帰っても日本円やドルに換える事は出来ない。

締めくくりの一枚はおなじみの撮影ポイント
池に映った世界遺産アンコールワット

« アンコールワット 5 | トップページ | 縞枯山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727406

この記事へのトラックバック一覧です: アンコールワット 6:

« アンコールワット 5 | トップページ | 縞枯山 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ