« 鰻 | トップページ | アンコールワット 1 »

2006/08/10

アンコールワットへ

Dsc09014_1 久しぶりにビザを申請しないと入国出来ない国に行く。
世界遺産アンコールワットを見る為にカンボジヤに入る。写真は事前に申請しパスポートに貼り付けられたビザだ。これを見てハタと気が付いた。
KINGDOM つまり王国だ。そうか!カンボジアは王国なんだ。と、まあ僕の知識はこんな程度ですぅ。
このパック旅行を申し込んだのは5月の連休後。「何所でも良いけど早く決めないと行きっぱぐれるよ!」との僕の忠告にものらりくらりの妻。カウアイ島から帰ってきたばかりで触手が動かないようだ。決められた夏休みを目一杯使って行く範囲は限られた所しかない。韓国・台湾・などの東南アジアと太平洋の島ぐらい。中国はどうしても行く気がしない。結局無理にはめ込んだのがアンコールワットと帰りにベトナムに寄るパック旅行だ。アンコールワットには元々行きたいと思っていたので僕としては無理矢理という感じでもない。家内は面白くないらしい。「小汚い豚や鶏が道端でうろうろしている,子供の物売りや物乞いに付きまとわれる、みすぼらしい住処と不衛生な食べ物」確かに戦争でメチャクチャになった。ベトちゃんドクちゃんが日本で手術した。妻の脳裏にあるイメージとはこんな所だろう。アンコールワットだってアユタヤ遺跡と同じでしょ!と思って居るに違いない。行けば解るさ!その想像が間違いだったと解らせてやろう。無理に同調させたのでタップリエステの付いたコースを申し込んだ。
ベトナム航空に乗るのは一寸怖いけど8月11日にセントレアから出発する。

ところで、この旅行の出発決定と最終確認の時「同じ旅行を別の旅行社に発注掛けていませんか?」とJTBの担当者に聞かれた。実は正月の時も同じ事を言われた。同姓同名が同じパック旅行に予約を入れているらしい。どちらかと言えば珍しい名字なので同姓同名がかち合うのはよほどの偶然。事情を話し担当者と僕は顔を見合わせて
(゚゚;)エエッ?(@_@;) {{ (>_<) }}

« 鰻 | トップページ | アンコールワット 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727427

この記事へのトラックバック一覧です: アンコールワットへ:

« 鰻 | トップページ | アンコールワット 1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ