« アンコールワット 6 | トップページ | 鼻から 胃カメラ »

2006/08/30

縞枯山

 8月20日、今日の目的は縞枯山(しまかれやま)。縞枯れ現象の出ているその名の通りの縞枯山です。
りそな銀行静岡支店前からチャーターバスで麦草峠に向かう。北八ヶ岳を縦断する国道299号線はメルヘン街道と言われ日本一の白樺林や秋には唐松の紅葉が麓から山頂まで奇麗にグラデーションした様を見るのが僕にとって大好きな道。その道の峠が麦草峠2,127m。(駐車場有り)そのすぐ近く麦草ヒュッテ前から今日の山行きは始まります。
準備体操後10時出発。
Img_6368木道はすぐ終わり広いですが写真で見るとおりゴロゴロした岩の道を進みます。北八ヶ岳一帯はどの山もこんな登山道が特徴のようです。中小場2,232m10時40分通過。茶臼山2,384m11時15分通過。途中衣服調整も含めて3本立てましたがなぜピークを通過したかはすぐ解りました。この辺りの山頂は樹木に囲まれて何も見えません。茶臼山から3分程で展望台がありました。

Img_6392今日目指す縞枯山方面や眼下に蓼科高原一帯が見えています。枯れたシラビソ樹林帯が何列かの帯になり白い縞模様(しまもよう)に見えるいわゆる縞枯れ現象がよく見えます。
茶臼山に戻り縞枯山方面に道を取る。一端下って再び登る。

Img_6401Img_6405途中縞枯れ現象地を突っ切ったりしながら展望台には11時55分到着。昼食を取る。展望台は大きな岩が重なり見晴らしがよい。女性会員が岩が動くと言って大騒ぎをしているがそれは気のせい。写真で見たとおりあんなデカイ岩が動く訳無い。相変わらず楽しい連中だ。

Img_6410この写真は岩の間から茶臼山を撮った一枚。
ガスが掛かったり切れたりの天気だ。
せっかく来たんだからもう一寸居たかったな〜と思いつつもリーダーの号令で12時30分出発。

Img_6413縞枯山12時45分。展望はない。頂上にも現象の一部が掛かっている。記念の証拠写真を撮ってすぐ出発。
一挙に下って雨池峠の四辻を左に取れば縞枯山荘。此所まで来ると観光客がゾロゾロ。右手に坪庭を見てその先のピラタスロープウェイ山頂駅に1時30分到着。
(@_@;)エエッみんな乗らないで歩いて下るの!エライ!ご立派!
1時40分下り始める。リフト小屋の上まで来ると突然の雨。道も通行止めで迂回しろと書いてある。雨宿りしていても一向にやむ気配もなく最後はリフトに乗って山麓駅に。3時到着。


Img_6428

今日最後の一枚は高山植物では一二の人気 コマクサです。
下る途中リフト小屋近くの公園に咲いていました。明らかに移植しています。
高校野球の実況を見ながら家路につきました。

« アンコールワット 6 | トップページ | 鼻から 胃カメラ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727403

この記事へのトラックバック一覧です: 縞枯山:

« アンコールワット 6 | トップページ | 鼻から 胃カメラ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ