« 鼻から 胃カメラ | トップページ | お台場 »

2006/09/04

軽井沢 無彩庵

 軽井沢に行かないと自分の夏が終わらないような気がして毎年出かける。何回行っても同じだからと昨年は我慢して行かなかった。
その反動か今年は無性に行きたくなった。と言っても泊まりで行く事は稀。ほとんどは日帰り。
朝5時出発、軽井沢には8時半についた。プリンスホテルのロビーでチャッカリ新聞読んだり買い物したり(実はこれいつもの手)、その後アウトレットモールで買い物したりといつものパターン。

軽井沢で最も予約を取る事が難しいと言われている【エルミタージュ・ドゥ・タムラ】は超高級フランス料理レストラン。
何ヶ月も先まで予約がいっぱいで夜のコースは8,000円〜25,000円とか。軽井沢の別荘族御用達か?うなるような金持ちはうなるほど居るもんだ!

Img_6441Img_6453

同じ田村シェフのカジュアルな店【無彩庵】が有る。
ランチ3,150円・ディナー5,250円・カレーライス840円・他アラカルト。
電話で予約すると「11時にお待ちします。15分遅れたら席は他の方に譲ります!」。きびし〜な〜!
カウンターの前は一面鏡張り。外の庭木が写っていて開放感がある。テーブル席は窓際。
11時、最初のお客様へのサービスが始まった。ランチは限定10食。前菜・スープ・メイン・デザート・コーヒー又は紅茶と続いた。それぞれに何種類か有りチョイス出来る。妻も僕もカボチャのスープを頼んだのですが一つはリンゴにすれば良かった!と悔やむ。何故ならカボチャもリンゴもくりぬいて中にスープが入っている。残念な事に写真撮りませんでした。

Img_6454Img_6457

メインは僕は鳥。表面がカリッとして一見固そうに見えましたが肉はジューシー。スパイスがほどよく効き朝取りの豆類が添えられている。思わず一切れ食べてから写真を取り忘れている事に気が付いた。妻は小牛と野菜のグラタン。「何時も私は外れを頼んじゃうのに今日のはどれも旨い!」とニコニコしている。カレーを頼んだお客さんも居る。大きなお皿にカレーがド〜ンと入って朝取り野菜がド〜ンと添えられている。美味そうだ。デザートはプリンにアイスクリームが添えてあった。無彩庵のもう一つの名物〖カツサンド〗をお土産に、と思ったのですが「どうしてもと言うお客様が居て今日は全てそちらに出してしまいました」・・・・・ウッウゥン食べたかったな〜。。。。
かくして無彩庵の昼食は終わり。既に10人ほどが並んで待っていた。【エルミタージュ・ドゥ・タムラ】は無彩庵から100m程南。こちらも車がいっぱいだった。

Img_64049月だというのに旧軽銀座は人がいっぱいです。テニスコート・万平ホテル・ホテル音羽の森と歩いて家路につきました。

妻が突然夕飯は ほうとう が食べたいと言いだす。ほうとうなら此所しかないと言う店【かえで】に寄りました。スキー連中でこの店を知らない人が無いくらい有名な店。「美味いね〜」と顔を見合わせて食べました。52号線沿い南アルプス市在家塚にあります。自家製豆腐も美味いですよ!。僕のお薦めの一軒。

« 鼻から 胃カメラ | トップページ | お台場 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727396

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢 無彩庵:

« 鼻から 胃カメラ | トップページ | お台場 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ