« 料理用語 | トップページ | ナスカ展 »

2006/09/19

大洞山 

9月16日、台風が接近し、三連休で晴れるのはこの日しかないと決断。大洞山に行きました。
篭坂峠バス停横に舗装された道があり100m程入ると墓地に突き当たります。そこの駐車場に駐めさせてもらいました。Img_6753
Img_6747
三国山ハイキングコース の立派な標識があります。9時35分歩き始めました。
墓地の突き当たりから山道になるのですがいきなりとんでも無い張り紙が貼られていました。熊出没の張り紙が・・・・・・
実は昨夜準備中に嫌な予感がしたのでラジオを用意してきました。静かな山の中でラジオの音を鳴らすのは嫌いですが妻と二人だけで他に登山者も居なければ仕方ない事。


Img_6745登山道は火山れき地のとても歩きやすい広い道です。サクサクと音を立てながら気持ちよく歩く事が出来ます。畑尾山・太刀山方面の分岐(9時50分)が有りました。チョット覗いた所人はほとんど入って居ないようです。此所を左に取り更に進みます。ブナが所々に有ります。


Img_6716アザミ平 10時15分到着。此所には畑尾山・角取山分岐の標識があります。この山を選んだ理由は9月から10月のこの時期 フジアザミ が見られるとガイドブックに書かれていたからです。かなり注意して見ましたが見つける事が出来ませんでした。


Img_6712

その代わりトリカブトが沢山咲いていました。よくよく見てみるとチョット不気味です。
ここからは御殿場の街を目の前にその後方左から金時山・箱根外輪山・愛鷹山と見えていますが富士山がガスで隠れてしまっています。
此所から広くなだらかな尾根道が更に続きます。思い出したようにブナが点在します。途中ピーク(1,366m10時40分)を越します。両側の木の幹にはかなり高い所まで苔むしています。霧が多く発生するからなのでしょうか?

Img_673610時50分大洞山(おおぼらやま1,383.5m)に到着しました。山頂は見晴らしがありません。三等三角点と標識があります。チョット早いですが昼ご飯にしました。自分で削った鰹節のオニギリと、魔法瓶にお湯を入れてきましたので今日はインスタントですが味噌汁付きです。保冷バッグにはキュウリとトマト。どれも美味かった!
休憩中3人が通過して行きました。皆さん三国山から山中湖の平野方面に抜けて行くのだろうと思います。標識には此所から55分で三国山と書いてあります。妻の体力を考えれば此所から戻るのが賢明。休憩中フジスピードウェーからのエンジン音とタイヤのきしみ音、そして自衛隊の演習らしく大砲の音が絶え間なく聞こえています。
11時40分下山。帰りのアザミ平からは山中湖が見えました。相変わらず富士山は見えません。予定では真正面に富士山が見える角取山まで行く予定でしたがどうせ霧で見えないのならヤ〜メタと通過(12時10分)しました。駐車場には12時40分到着です。帰り道は6人すれ違いました。駐車場横にはトイレもあります。帰りに気が付きましたが篭坂峠のバス停横には道標がありました。

今日の行程は上り下りもほとんど無く内臓脂肪を消化するにはもってこいの有酸素運動コース。体力は全くないけど運動しなくてはいけない人にはもってこいのルートです。アザミ平以外直射日光が当たるような所もありません。日焼けしたくない人にもお勧めのコース。

« 料理用語 | トップページ | ナスカ展 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727378

この記事へのトラックバック一覧です: 大洞山 :

« 料理用語 | トップページ | ナスカ展 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ