« お台場 | トップページ | 悠 と 湯悠日和 »

2006/09/12

達磨山 金冠山

9月10日。西伊豆の背骨と言っても良い西伊豆スカイライン沿いの道を船原峠から達磨山高原キャンプ場まで歩きました。
船原峠には大きな案内板が有り全体像を頭に入れるには丁度良い。準備体操後9時40分出発。今日は副支部長がリーダーだそうです。本日参加20名、全員の安全登山を頼むよ!!
雑木林の中をを歩いたと思ったら突然車道を歩いたりの繰り返し。尾根筋にでると背丈ほどの熊笹の径になったりと変化はある。途中小休止を含めて土肥温泉駐車場に10時40分到着。各所には大きく立派な標識が設置されていて迷うような事はない。伽藍山(ガランヤマ867.4m)10時55分、古希山(870m)11時20分と途中数本立てながら順調に進む。残念な事に尾根筋にガスが掛かり期待していた眺望はない。そして蒸し暑い。


Img_6554強い西風が吹き、熊笹の背丈が腰より低くなったと思ったら達磨山(981.8m)だった。11時50分到着です。名前の由来になったダルマ石が有る。霧で視界は全くない。頂上には既に30人ほど居ましたが我々と入れ替わるようになった。
思い思いに昼食を取り12時25分出発。晴れていれば正面に富士山を見ながら下る事が出来る径も今日は見えない。と、突然霧の間から戸田が見えた。気が付けば辺りはすっかり明るく太陽が後ろから刺すように当たっている。


Img_6564広く整備された径の先にはこれから行く金冠山方面が続いているのが見える。
しかし富士山は見えないぅぅぅ。。。
途中二本立てましたが今日の行程は兎に角ゆっくり歩く。その分女性達のお喋りは弾む。笑いとお喋りだけでもカロリーは消化する。よく見れば女性会員はみんなスマートだ。

Img_6570戸田峠で一休み。金冠山(816m)到着1時35分。千本松原から沼津さらには江浦湾、更に右手には 八端丈山・葛城山・城山(2006年2月21日ブログ参照して下さい)も見えている。富士山は・・・みえない
1時45分下山開始。達磨山キャンプ場に続く道は途中から野芝の張りつめられた広い径だ。(防火林道のようだ)2時10分キャンプ場横レストハウスに到着。

Img_6578見れば富士山の頂上が顔を出した。ほんの少しでも見られただけで気分がよい。
ニューヨーク万博で使われた富士山の写真は此所から撮影されたそうだです。それほど日本を代表するビューポイント。

(@_@;)エエッ!今日のリーダ副支部長は支部長昇格試験だったの?知らなかった!!知ってりゃあら探ししたのに!と、それは冗談。
合格だよ!勿論。文句なしだ。

« お台場 | トップページ | 悠 と 湯悠日和 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727387

この記事へのトラックバック一覧です: 達磨山 金冠山:

« お台場 | トップページ | 悠 と 湯悠日和 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ