« クレジットカード で丸裸 | トップページ | ズガニ (もくず蟹)と かごや »

2006/10/31

修善寺花かざり堪能ウォーク

 いつから来はじめたのか思い出せないのですが“伊豆半島 駅からハイキング”の案内が来るようになった。
10月28日はそのイベントが有る。
折りしも修善寺は《修善寺花かざりまつり》開催中。
さらに伊豆の河津ではズガニシーズン真っ盛り。
そのズガニ(モクズ蟹)を食べたくて【かごや】に電話すると運良く予約が取れたのでこれに引っかけて参加する事にした。

登録会場は修善寺駅前。QRコードの付いたメンバーカードをその場で発行してくれてコースマップその他参考資料をもらう。主催者は、お茶・お弁当などの販売と湯茶の接待が有り手ぶらで現地に行っても大丈夫だった。9時から受け付け、順次出発ですがごった返した参加者に混じって妻と二人9時35分歩き出す。
修善寺橋を渡り136号線の狭い歩道を排気ガスの洗礼を受けながら歩く。修善寺総合会館(車で来た人は此所に無料で駐車出来る)を左りに見て修善寺自然公園迄は緩やかな登りが続く。参加者の顔ぶれを見れば圧倒的に年配者達。たまに30歳代。スニーカーからチョットした山歩き用の靴の人。スーパーのレジ袋からリックサックまでさまざま。思い思いのペースで歩いている。
Img_7472修善寺自然公園には10時25分到着。此処一帯はモミジで覆われていますが全く色付いていません。富士山も雲に隠れて見えませんでした。此処から修善寺虹の郷内を見たい人は入場料有料ですが行く事が出来ます。我が家は省略して梅林を目指しました。10時50分に到着。此処で味噌汁が無料で振る舞われています。昼ご飯にする人、味噌汁を飲んですぐ出発する人さまざまです。梅で賑わっている時期とは全く違った梅林が見られましたが殺風景でもの淋しげです。我が家は小休止し、修禅寺に向けて出発。
地図と時間をにらめっこしながらではないので気楽です。
要所要所には大きく見やすい標識が貼られているので道に迷う事もありません。
ゴール到着15時30分迄の決まりが有りますが十分すぎます。
ウォークラリーと大きな違いです。
Img_7484

山門に通じる階段両脇は花で飾られてとても奇麗です。
此処からは一般観光客も一緒でとてもニギヤカになりました。


Img_7584Img_7511


独鈷の湯周辺は花飾りが所狭しと飾られとても奇麗です。
橋の欄干にも垂れ下がらんばかりに沢山飾られています。
足湯に浸かっている人も大勢居ました。

Img_7536

土産物屋を覗いたり写真を撮ったりしながら竹林の小径へ。
数年来ないうちに奇麗に整備されていました。
こちらにも要所要所は花がいっぱい。


Img_7575ゴールの湯の里村は昼のチャイムと共に12時丁度到着。
発行してもらったカードをかざして完歩の証明。

蕎麦屋で昼食後、町中をブラブラする。各戸には花飾りが必ずあり要所要所には大きな花が生けてあります。
バス停から駅までバスに乗る人も居ましたが時間もタップリ有るし、修善寺駅まで歩きました。駅到着1時15分。


つづく

« クレジットカード で丸裸 | トップページ | ズガニ (もくず蟹)と かごや »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727322

この記事へのトラックバック一覧です: 修善寺花かざり堪能ウォーク:

« クレジットカード で丸裸 | トップページ | ズガニ (もくず蟹)と かごや »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ