« 西表島 | トップページ | 八重山諸島巡り あとがき »

2007/01/15

八重山諸島巡り石垣島の元旦

 今日は元日、東京に戻ります。
毎日部屋に配られる各種案内に寄れば、今日の日の出は7時26分(内地より1時間も遅い)。
曇りで初日の出は見られなかった。
朝食会場に行くといつものブュッフェ料理とは別におせち料理やお雑煮まで揃っていた。数の子も食べ放題。大盤振る舞いです。二ヶ所有る朝食会場ですが何時もタワー館で食べました。融通が利いて感心しました。例えば「昨日食べた目玉焼きは冷たかったので焼きたてを下さい」ウエイトレス「日替わりで今日は目玉焼きではないのですがお作りしてテーブルまでお持ちします」と、こんな具合です。


Img_91781朝食後にロビーに行けば泡盛の振舞酒・餅つき・獅子舞・つきたての餅を使ったきなこ餅と、八重山地方のお汁粉も配られます。
寸暇を惜しんでグラスボードに乗り、船上から海中を見ました。船がピタッと停まると其処には隠れクマノミ・オコゼ・その他いろいろ(名前はみんな忘れました)。気持ちよさそうに泳いでいました。

Img_9285

船での写真は絵になりません。写真はロビー水槽内の隠れクマノミです。

さて飛行機は直行便のはずなのに宮古島経由だと言う。
理由を聞いてびっくり。石垣島の滑走路が短くて燃料を満タンにすると重すぎて飛べない。そこで、チョットだけ入れて一端宮古島に飛び、そこで燃料をタップリ入れて羽田に向かうのだそうだ。
納得納得。頼むよキャプテン!上手に飛ばしてよ!

左列を選んだので帰りも石垣島が眼下に良く見える。この島もヒョッとすると見納めかも知れないと思い目に焼き付けた。
末尾の写真は宮古島にタッチダウン寸前の写真。
後書きに続く


Img_9279

« 西表島 | トップページ | 八重山諸島巡り あとがき »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727234

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山諸島巡り石垣島の元旦:

« 西表島 | トップページ | 八重山諸島巡り あとがき »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ