« グーグルアース | トップページ | 谷津山を歩く »

2007/02/13

越前ガニ

Dsc09603 
 越前ガニ
今年も行ってきました。本物の越前ガニを食う会へ。
米原駅に降りると 蒸気シゴヒチ1号機(SLシーごじゅうなな と言わないのが、昔鉄道友の会会員だった拘り)が止まって居るではないか!

Dsc09613_1 こんな時に限って一眼レフを持ってこなかったのが悔やまれます。
大型蒸気、特にテンダー型は迫力があります。出発まで見届けました。
伊吹山の頂上に少し雪が有るくらいで現地福井県武生まで雪は無し。毎年来ているのですが珍しいことです。
越前海岸にも雪はありませんでした。

Dsc09622Dsc09623_1

デンと構えた越前蟹です。越前はなんと言っても実が甘いし独特の香りが有ります。これを余す所無く食べるとこれだけでお腹いっぱいになってしまいます。
同じ時期、松葉ガニ(この地方では水蟹と呼んでいる)を食べると解りますが茹でた臭いが付いていますし、身はスケスケで水っぽいのです。
お造りも出ますが殆ど手をつけずに残してしまいます。食べてもイカそうめんだけです。もったいない話です。

Dsc09627Dsc09628


昨年のブログにも書きましたが、蟹刺しは現地でなければ安心して食べられません。蟹刺しであたると死にます。甘くて口に入れてチョロッと食べた時のあの食感と甘いのは形容のしようがありません。
甲羅に入っている味噌は焼いてドロッとした所でスプーンですくって食べるもよし蟹刺しに付けて食べるも又よしです。
そして蟹焼。これが一番美味いと言う人も居ますが出てきた頃は腹一杯で食欲が出ません。
蟹鍋もあるのですが殆どの人が食べません。
その他いろいろフルーツまで出ます。めぼしい蟹だけをたらふく食べて他は殆ど残すというもったいない事を毎年繰り返しているダンナ遊びの会です。この会は父親の代から続いているのです。

« グーグルアース | トップページ | 谷津山を歩く »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727198

この記事へのトラックバック一覧です: 越前ガニ:

« グーグルアース | トップページ | 谷津山を歩く »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ