« 麻機遊水地 | トップページ | 御前崎 後書き »

2007/02/05

御前崎灯台と太平洋・地元伝説を訪ねて

Img_9561
 2月3日、御前崎灯台周辺を歩きました。
なぶら館の駐車場に車を駐め暫く歩道を歩きます。

Img_9560_1
アロエがきれいに咲いています。ウミガメ人工ふか場がこの辺りにあるはずですがうっかり通り過ぎてしまいました。左手に海を見ながら歩くのは気持ちが良いです。


Img_9468
やがて灯台が近づき御前崎の最先端に出ます。
昔はもっと岩が出ていて磯遊びにもってこいの場所だったのですが殆ど出ていません。プレートが潜り込んでいる様子が実感できます。


Img_9484
車道を横切りチョット登ると灯台です。土産物屋もあります。目の前の海は大型船も行き交いさらに西方にはウインドサーフィンが矢の如く滑っています。


Img_9496Img_9500
ここから綺麗に整備された遊歩道を歩きます。途中椿の休憩所を過ぎ「ねずみ塚」(旅の僧に化けて住職を食い殺そうとしたネズミが、死んでから改心して漁師の守り神になった)に向かいます。ここから灯台方面の眺めが素晴らしい。


Img_9508
遊歩道はさらに先に延びていますが今日は「ねこ塚」に向かいます。
ねずみ塚から北に向かい、バスの通る道を御前崎バス停まで歩き右折。標識に従いねこ塚(難破船から寺の住職に助けられたねこが、10年後自分を犠牲に悪いネズミから住職を助けた)に到着。墓の上にねこの像が載っています。


Img_9532
すぐ近くの駒形神社にお参り。丁度節分で4時から豆まきが行われるとの事で奇麗に支度が整っていました。
バス道路まで出て港入り口バス停から坂を下るとなぶら館が見おろせます。なぶら市場で買い物をして帰りました。
足をかばいながらゆっくり歩き、タップリ休んで2時間でした。山登りは無理だけど平坦地なら歩きたい人にお勧めコース。
(リハビリをかねて少しづつ歩きなさいと医師から言われ歩きましたがやっぱり痛いし腫れて来ますぅ)(泣)
末尾の写真は(株)法研 発行 ウォーキングマップ東海・中部Ⅱ 
本文記載の写真・絵地図は全て拡大できます。

参考タイム
なぶら館12:45→灯台1:30→ねずみ塚1:45→ねこ塚2:00→駒形神社2:05→なぶら市場2:45


1010jpeg

« 麻機遊水地 | トップページ | 御前崎 後書き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727207

この記事へのトラックバック一覧です: 御前崎灯台と太平洋・地元伝説を訪ねて:

« 麻機遊水地 | トップページ | 御前崎 後書き »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ