« 水仙 | トップページ | 梢月庵 »

2007/03/06

箱根 湖尻水門から長尾峠

  足のリハビリに登り下りの有る所を歩く事にし,箱根の湖尻水門から長尾峠ヘと左回りに一周しました。
しかし朝、顔を洗っている時にギックリ腰になってしまいました(僕は慢性で癖になっています)。なんとか歩けるかも知れないと無理に出発しました。
痛む腰にムチ打って箱根神社にお参り後、プリンスホテルに寄って買い物とコーヒータイムがお定まりなのですがなんと4月末まで改装中で休館。


Img_9888
仕方なく小田急山のホテルまで戻りました。ツツジが満開の時は大変な混みようですが今は静かです。ツツジ園を囲む花粉がいっぱい付いた杉とその先に富士山が見えます。


Img_9906湖尻水門手前の駐車場はルアー釣りの人達の車で満車。仕方なく路肩に駐めました。ギックリ腰がひどく登山靴を履くのも大変な状態でしたが腰が曲がった状態で強引に歩き始めました。
強引に動かすと、ほぐれて良くなる事は体験上解っていますしダメなら戻ればよいと思っています。妻の道具のストックを今日は僕が使わせてもらう事にしました。

Img_9952水門からは仙石原方面に歩きます。冬は葉が落ちて右側のゴルフ場が奇麗に見えます。サイクリング道路にも成っているこの道は葉が生い茂っている時は薄暗くて不気味な感じでした。歩き始めて解った事は、心配していた腰より捻挫の左足の方が悪いです。

Img_9908分岐を長尾峠方面に折れここからは山道を登ります。箱根スカイラインに出ると見晴し茶屋があります。ここからの景色は素晴らしく眼下のゴルフ場から大涌谷・芦ノ湖と手に取るように見えます。峠はここから更に一頑張りですが背丈の倍もある熊笹に覆われ何も見えません。左折して次の分岐までは尾根伝いの広い道を歩きます。富士見ヶ丘公園付近では見えるはずの富士山が雲に隠れて見えません。しかし所々眺望が開け芦ノ湖方面が見えとても気持ちいい道が続きます。

Img_9930Img_9935

湖尻水門分岐を今日は左に取ります。全行程1時間〜1時間半と思っていたのに騙されたと言って家内が不満そうです。それもそのはずお目当てのソバが食いっぱぐれるのではないかと心配しているのです。水門まで一気に下りますが途中から見える眼下の芦ノ湖は圧巻でした。


Img_9946下りきった所にある標識がこの写真です。
標識はキチッと完備されていますが書かれている時間は非常に辛口です。注意が必要です。
心配したギックリ腰より左足の方が良くありません。何時までも直らなくて困ります。
お気に入りのソバや【梢月庵】では「鴨せいろが」食べられて妻も満足そうでした。(後日詳しく書きます)御殿場温泉会館「2時間500円」に入り、更にお決まりコース御殿場の二の岡フーズに寄りお目当ての品をゲット。満足な一日でした。
末尾の写真は観光用コース図から抜粋

参考タイム
駐車場10:45→湖尻水門10:50→長尾峠方面分岐11:20→見晴らし茶屋12:10→長尾峠12:20→水門方面分岐1:25→水門1:50

Hako89jpg

« 水仙 | トップページ | 梢月庵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727174

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根 湖尻水門から長尾峠:

« 水仙 | トップページ | 梢月庵 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ