« 兜山と川中島合戦 | トップページ | とうもんの里 記念ウォーキング »

2007/03/28

兜山と川中島合戦

 岩下温泉をもう少し説明しましょう。
岩下温泉の源泉には泊まり客は出入り自由ですが立ち寄りの人は料金を払って廊下を進むと左側に男女それぞれ脱衣所がありその奥に小さいですが加熱した温泉浴槽が有ります。
源泉には裸のまま廊下を突っ切り半地下になった浴槽に入ります。大きいですが混浴です。殆ど水と同じ温度です。女性は廊下を突っ切る時はチョット勇気が要りますね。

  翌17日は石和温泉の笛吹川で川中島合戦戦国絵巻が行われる事が解り臨時駐車場へ。合戦の火蓋が落とされるのを今や遅しと待ちわびる。両軍が市中パレードをしいよいよ川中島へ。歴史や敵に塩を送る話、或いは火縄銃の解説の後風林火山も勇ましくいよいよ決戦。目出度く武田軍が勝つのであるが其れは当然。ここは甲斐の国。


Img_2009貼付した写真は上杉謙信武田信玄の世に言う一騎打ちの場面を再現したものである。単騎馬にまたがり敵陣深く分け入った謙信は敵将信玄に三太刀浴びせる、不意をつかれた信玄は素手で。
この写真の後ろに狼煙の意味か或いはリアルに表現する為か火を付けたのであるが思わぬ方向と枯れ草に飛び火し益々火の勢いは強まり、火の後ろでは消防隊が必死の放水をしていたのであります。

この写真の場面の後、両軍入り乱れ戦うのです。
 戦い終わって会場を後に。ホコリと汗を流す為に、帰り道で上九一色村の上九の湯に寄り、山と温泉と歴史の勉強が終わりました。
今回は何所も彼処も桜が満開、菜の花から桃の花までタップリ楽しませてもらいました。


Img_2025

« 兜山と川中島合戦 | トップページ | とうもんの里 記念ウォーキング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727160

この記事へのトラックバック一覧です: 兜山と川中島合戦:

« 兜山と川中島合戦 | トップページ | とうもんの里 記念ウォーキング »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ