« 竹採物語と山本勘助を訪ねて | トップページ | やませみの湯 »

2007/03/22

ぶら〜りウォーキング 富士川楽座

Img_185 
 富士川楽座7周年記念ウォーキングに参加してきました。
9時半からの受付ですが既に大勢の人が登録を済ませ歩き始めていました。
ルートマップとアンケート用紙を渡されてましたが真っ先に目に入ったスターバックスでコーヒーを飲んでから歩く事にしました。

Img_0210

①番の標識が見つからずいきなり大回りをしてしまいましたがなんとか途中から正規のルートに戻る事が出来、段々高度を稼ぎ一汗でたころで

Img_0188

明見神社に到着。
歩く前後には参加者が繋がっています。
ゆっくりペースの人や、ヤケに早足の人までさまざまです。
緩やかですが登りが続きベンチが置かれた展望台に到着。


Img_0196

此所から富士山・富士市内・駿河湾・眼下に東名と富士川楽座が見えています。
⑨番標識では一周回り終わった人が上がってきました。スゴイスピードです。


Img_0202


⑫番付近がほぼ最高地点で、富士山が真っ正面ですが雲が邪魔して全容が見えません。
ルートは此所から下り。蜜柑畑が続きます。
なんと言っても元気なのはオバチャンの集団です。喋るのと歩くのを同時にやり続けてゴールまで行くようです。脱兎の如く追い越して行きました。


Img_0208

途中梅で有名な岩本山の全容を真正面に見る事が出来ます。
この付近は桜の時期に来れば花見が楽しめるコースです。
楽座に戻ってアンケートを提出。
クジが当たってラベンダーの苗をもらいました。
家内は外れでポケットティッシュ。

このコースは全ルート舗装道路です。
非舗装の道を歩きたいな〜!

楽座でお昼を食べましたがハッキリ言って美味くありませんでした。
二度と食べたくありません。

参考タイム
富士川楽座9:30→明神神社10:05→展望休憩所10:10→
⑫番地点10:35→㉒番11:20→ゴール11:50

Rakuza010

« 竹採物語と山本勘助を訪ねて | トップページ | やませみの湯 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727166

この記事へのトラックバック一覧です: ぶら〜りウォーキング 富士川楽座:

« 竹採物語と山本勘助を訪ねて | トップページ | やませみの湯 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ