« 京都土産と  【はれま】 | トップページ | 納得したトビウオの味 »

2007/05/16

トビウオの くさや

Img_1390  東京農大小泉武夫先生のエッセイ
【食(く)あれば楽あり】が日本経済新聞に連載されている。
昨年五月、八丈島マルニシ水産の“トビウオのくさや”を先生が絶賛していた。
並はずれた食通の先生が毎年取り寄せてまで食べるとあれば、くさや大好き人間の我が家は是が非でも食したいとネットで調べて注文の電話を掛けたものの「全て完売」と言われてしまった。
待つ事一年、PCが 注文しなよ〜 と告知した。早速電話して首尾良く買う事が出来た。

トビウオとしてはかなり大きめでしょうか。
30センチちょっと。
身が厚くボリュウムが有る。
しかしクサヤの臭いがしない(?_?)
早速軽く焼いてほぐして食べる。
(゚゚;)エエッ
これがクサヤ?
白身の魚ですから元々淡泊でしょうがそれにしても
クサヤの臭いも無ければクサヤの味もしない、、、、、
これは間違えてトビウオの干物?を送ってきた?
伝票を見れば確かにトビウオのクサヤと書いてある。

その後調べてみると八丈島のものは臭いも少なく味もマイルド。
新島のそれは臭いも味も強いのだと知りました。
小泉先生ほどの食通好みの品が、必ずしも僕の好みに合致しない事を知る結果になりました。

僕が納得できる美味いクサヤがどうしても食べたいと思うと落ち着きません。
よ〜し!
この際、新島のクサヤを取り寄せて食べ比べるぞ〜。。。。。

« 京都土産と  【はれま】 | トップページ | 納得したトビウオの味 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727103

この記事へのトラックバック一覧です: トビウオの くさや:

« 京都土産と  【はれま】 | トップページ | 納得したトビウオの味 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ