« トビウオの くさや | トップページ | 小田急山のホテルとツツジ »

2007/05/18

納得したトビウオの味

 マルニシ水産のトビウオのクサヤがどうしても納得できなくて電話しました。
「間違いなくクサヤを送っています。最近臭いのが苦手な人が多くなり臭みを極端に少なくしております」僕「臭くなくてはクサヤじゃないよ!東京農大の先生も絶賛しているから取り寄せたのに(;。;)」「あ、あの先生のコラムを読みましたか、解りました、臭いの強いのもありますから特別に3枚無料で送ります、今後のご注文時には臭いと味の強いもの希望と必ず言って下さい」
Img_1866かくして送られてきたのがこの写真のものです。
(家の床の間は畳表が轢いてあり其処にうやうやしく・・・)
段ボールを明けた途端にバッ!!とクサヤの臭いが。
早速軽く焼いて食す。
臭いと言い味と言い噛めばジュワ〜ッと出るエキスに
いや〜、もお たまりませ〜ん。

お陰で美味しいクサヤが食べられました。
何でも言ってみるもんです。
マルニシ水産さんのご厚意に感謝します。

八丈島のクサヤは納得できました。
所で食べ比べるぞ〜と言って注文した新島のクサヤはどうなったか?
よく覚えていてくれました。
取り寄せ先は みや藤。

Img_1840_1Img_1848


それがこの写真です。(左がトビウオやや小振り、右がムロ)
トビウオ2枚・ムロアジ4枚が一組になったお試しセットです。
両方とも肉厚がありません。

食べ比べた感覚は、味も臭いも大差有りませんが肉厚がない分新島の物はコクがありません。そしてチョット塩分が強いです。塩っ辛いのが好きな人には良いでしょうが家は辛くないのが良いな〜。
クサヤは酒の肴は勿論ですが和え物にしたりお茶漬けにも良い。
我が家では軽く焼いてほぐしてそのまま食べたり、
オニギリの具として使っている。
焼きたてが一番美味いですが冷たくなっても美味さにそれほど差はないのです。
ビタミンやアミノ酸も多く含まれているそうです。

余談ですが本州に近い新島の方が郵送料が高いのは納得できないな〜

« トビウオの くさや | トップページ | 小田急山のホテルとツツジ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727102

この記事へのトラックバック一覧です: 納得したトビウオの味:

« トビウオの くさや | トップページ | 小田急山のホテルとツツジ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ