« 釈迦ヶ岳とすずらん No2 | トップページ | 茶臼山 »

2007/06/19

茶臼山

Img_2638
 【茶臼山】と聞けば北八ヶ岳の茶臼山を思い浮かべますが、今日は(6月16日)ワンダーホーゲルの行事で愛知県の最高峰【茶臼山 1,415.2m】に登りました。
豊川ICからさらに車で走る事約二時間半、やっと駐車場に到着。

静岡県人にはあまり馴染みの無いこの一帯は茶臼山高原と呼ばれ国民休暇村・牧場・スキー場などがあり歩くのが目的でない人にはボート遊びやバーベキュー、バードウォッチングなども楽しめます。実は前日ギックリ腰になってしまいとても歩ける状況では無かったのですが、ダメなら高原の湖畔歩きかバスの車内で昼寝と決めていました。
準備体操が終わると腰を伸ばして歩けるぞ〜、これならストック二本使って歩いちゃえ!! と、自分に都合良くリーダーには大迷惑な人一人の総勢26名のハイキングがスタートです。え?ハイキング?そうです、今日の行程はほんのハイキングです。

Img_2637

此所で今日の僕の服装です。
頭に被っているのはタオルです。ただのタオルではありません。汗をかくと冷たく感じてしかも直ぐ乾く。さらに汗のニオイがしない!と言う優れもの。このグッズは工事現場で働く人用に開発されコンビニで最近売り始めた。足腰をかばう為に二本のストック。ストレッチ半ズボン。腰から足首までの高規格サポートタイツ。軽量登山靴。と、まあ道具に助けられながらのハイキングです。
このスタイル、日本では見かけませんが外国ではこれが主流になっているとの事。雨が降ったら濡れればいいよ!その代わりすぐ乾いてね!と言うのが外国流。日本では雨が降るとスパッツ付けて上下の雨合羽、リックにもレインカバーを付けての重装備。この状態で歩くから汗で全身ずぶぬれ。濡れたまま歩くのと同じ状態だ。
このスタイルを見て参加の女性達「まあ〜!今日は半ズボン!」僕「足と腰の両方悪いから腰から下はサポーターでカバーしてる様なもんだ」と言いながら太ももまでめくり上げると「いや〜足が細い!」僕「カモシカの足と言ってちょうだい」とまあこんな会話のやり取りをした訳ですが「ステキ好きになったらどうしよう」なんて、誰も言いませんでした。

冒頭の写真は“茶臼山”の全容 

つづく

« 釈迦ヶ岳とすずらん No2 | トップページ | 茶臼山 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727066

この記事へのトラックバック一覧です: 茶臼山:

« 釈迦ヶ岳とすずらん No2 | トップページ | 茶臼山 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ