« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/31

角上楼

Img_3259

 2003年にTVで取り上げていた宿【角上楼】を4月1日に予約した。思わぬ保険金が入ったほんのお裾分けのつもりで ̀ ̀ ̀ ̀ ̀
宿は伊良湖岬のぼぼ先端、昭和元年、宮大工によって建てられたそうで外観は飾りっ気が無いがデンとして風格がある。
仲居さんに寄れば元々“角上”と言うなの遊郭としてスタートしたそうだ。
さらに、釣りバカ日誌パートⅡで取り上げられ、浜ちゃんが裸踊りをしたとされる部屋もある。
そんな“角上楼”とはいったいどんな宿なのか・・・・・・・
興味のある人は 続きを読む をコチッとクリックしてね。

続きを読む "角上楼" »

2007/07/30

葦毛湿原 神石山

 Img_3132

7月28日【葦毛湿原】と【神石山】に行きました。
主たる目的は今夜泊まる宿でご馳走を腹一杯食べたい為にカロリー消化を事前にしておこうと言うなんとも贅沢なハイキングです。
葦毛湿原から神石山の往復です。
写真は葦毛湿原。クリックすると大きくなります。
詳しくは “続きを読む” をポチッとクリックしてね

続きを読む "葦毛湿原 神石山" »

2007/07/26

竜爪山

 22日、二週間ろくな運動もしなかったので体がウズウズ。予報では昼から晴れると言っている。急に思い立ち、近くの【竜爪山】に登りました。造ってあった独標行き荷物から防寒具だけを抜き取っていざ出発。
平山の先でWV東支部Yさんとすれ違い。10時ちょっと過ぎだというのに(゚゚;)エエッもお行ってきちゃったの?
Ryu_3096Img_3097

二ヶ所有る登山口です。駐車場は超満員。あふれ出た車が路上駐車し路肩に駐まっていました。妻と一緒にここから登るのは大変ですので穗積神社まで車で行っちゃう横着登山です。


Img_3046

準備体操後、神社にお参りして出発。昔の御社(おやしろ)はここより先にあり畳6畳ほどの大きさでした。今は土台だけが残っている。戦時中は武運長久・弾避けを願い召集令状が来るとお参りに来たと聞いています。樹齢何百年の杉の巨木林を見ながら神社裏手を進むと直ぐ俵沢方面分岐標識。


Img_3053

さらに進むと少しの間木の根道になりますが根っこの上に乗ると滑るので注意が必要です。
名前は解りませんが数種類の鳥の鳴き声が聞こえています。


Img_3056Img_3059

程なく階段ルートと遠回りの道ルート分岐。
躊躇していると妻は短時間の方が良いと、とっとと登っていってしまいました。
何日も降り続いた雨の影響かものすごい湿気です。
歩き始めて30分で小休止を取りましたが心臓がバクバクしている状態でしかも汗が滝のように流れ落ちます。こんなひどい状態をかつて経験した事が有ったかな〜?。同じく休んでいた別のグループの会話「先週は剣に登る予定だったが雨で中止」と、そんな連中が今日は異常だ!ヘロヘロに疲れる!と言っています。
やっと階段も終わり少し上ると俵峰方面分岐。

Img_3065Img_3068

左にとって100m先が薬師岳(1,051m)山頂です。霧が掛かっています。一本立てて直ぐ出発。とても幻想的な中をサクサクと音を立てながら進みます。次々と登山者とすれ違います。


Img_3075Img_3085

一端下りて登り返すと文殊岳(1,041m)山頂。
一等三角点があります。
数十年前に比べると雑木がすっかり生長しています。


Img_3082山頂には幾つものベンチが置かれ多くの登山者が休んでいました。
薄日が射していますが静岡方面はガスがかかって見えません。

Img_3119


1時間大休止。同じ道を帰ります。薬師岳をチョット過ぎた所に地蜂の巣が有りました。
行きに登山者同行の犬が刺されたと言っていましたので場所が解りました。
蜂がブンブン舞っていて恐る恐る撮ったので手ブレしてしまいました。
至近距離までは怖くてとても近付けません。
蜂の子が沢山見えるのですがこの写真ではよく解りませんね。
大失敗!!!

この時間でも登ってくる人がけっこう居ます。
相変わらず鳥が鳴いています。
穗積神社に無事下山を報告。
浅黃まだら(蝶)を見かけました。
末尾の写真は二つある上の登山口前から見た平山静岡方面

穗積神社10:40→階段口分岐10:55→薬師岳11:40→文殊岳12:00→出発1:00→薬師岳13:15→穗積神社14:00

Img_3103

2007/07/23

ラーメンと鰻

 独標を諦めた土曜日、温泉にでも行こうかと、
まず向かったのは岡部に有るラーメンや【藏】


Img_3013_1店の目の前が駐車場に成っています。
11時半だというのにカウンターはほぼふさがっていました。
他に小上がりが4席有ります。


Img_3018_1[藏くら麺] を頼みました。
麺は柔らかめでスープには何種類ものスパイスが入っているのが特徴です。
注文するとあっと言う間に出てきます。
キムチ・半熟卵・チャーシュー・海苔が入って居る。

Img_3019見た目はギドギドですが実はあっさりしています。
スパイスが利いていますのでつい「旨い!」
と感じてしまいますがスパイスでごまかされているように思います。
しかし、不味い訳では有りません。
お薦めできる一品です。
トッピングや大盛りも出来ます。
久しぶりに寄ったのですがチャーシューが薄くなったように思いました。

その後相良まで走って子生まれの湯。
最近【子生まれ温泉】と名前が変わったようです。
妻はマッサージを頼んでご満悦です。


Img_3025鰻屋「八木秀」は早すぎて開店前でしたので
【まる忠】に寄りました。
松上3,150円〜梅1,470円まで有ります。
八木秀で何時も頼むランクと同じ金額の竹1,995円を頼みました。


Img_3037焼きすぎてしかも味が濃く甘口なのは何時もどおりです。
食べているうちに鰻が固くなるのも以前と変わりません。以前ブログに書きましたがそれが嫌いでまる忠はご無沙汰なのです。
同じ金額で八木秀はメロンが付く。方やオレンジと茶碗蒸。どちらが良いか好みが分かれる所。
ここは刺身・ヒレカツ・エビフライ等もありますから鰻が嫌いな人と一緒に入るには良いと思います。以前にはなかった“ひつまぶし”がメニューに加わっていました。ここの鰻の焼き方なら“ひつまぶし”は良いかも知れません。

2007/07/20

又しても延期の独標

Biei7suta0027

再再再再挑戦で【独標】を予定していた今週末。
目指す方向に前線が引っかかるらしく又しても中止にしました。
月末は予定が入っているし、8月の夏休みでも良いのですが今シーズンは諦めて来年の海の記念日前後に行く事にしました。
どうせ行くなら高山植物が沢山咲いている7月中旬だね!
と自分に言い聞かせての結論です。
( ^.^)( -.-)( _ _)  ショボ
ポッカリ開いた週末をどう過ごそうか﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅

写真は2003年8月 美瑛【セブンスターの木】

2007/07/18

三度目の独標も台風で延期

108sui1


2年連続10月に新穂高ロープウェー駅まで行き、天候不良で諦めた西穂高岳の【独標】。
海の記念日前後が良いと噂を聞き三連休を利用して行くつもりだった。
所が、今度は台風!
ウ〜ン、ついてない!

珍しく、不在者投票以外はなにもしないでボ〜ッとした三連休を過ごした。
唯一楽しんだのはサッカーアジアカップ予選。
エース高原の得点を初め良い結果が残せたと思っている。

その一方で韓国に遠征中のSパルスは
対リヨン 対リバプレート に連続負け。
しっかりしてよ・・・・・・

15日にクマゼミが庭木で鳴きました。
今年初めて聞きました。

写真は本文とは関係ない睡蓮です。
写真を撮ったこの池は、最近とみに少なくなって心配な【黒メダカ】の数少ない生息地です。
場所を明らかにすると荒らされるので
ひ み つ 

2007/07/13

ふるさと納税

Cantomita

ふるさと納税に賛成反対意見が出始めた。
東京都や神奈川県知事は反対と言っている。
大都市を抱える県は反対、田舎の県は賛成。
そりゃそうだろう!
東京都を例に取れば、莫大な税金がつぎ込まれている。日本の国家予算82兆円と比べて東京都の予算が6兆9千億円はずば抜けて多い。さらに付け加えれば韓国の国家予算が9兆5千億円と聞けば韓国の国家予算に準ずる程だ。言い方を変えれば東京都で軍隊を持って北朝鮮からのミサイルを迎撃してもおかしくない。
老人を例に取れば、公共の乗り物や医療費割引から銭湯に至るまでの手厚いサービス、他県に何カ所も都民の使える宿泊施設を持ち安い料金で優雅に暮らせる。財源は日本中から集められた税金を湯水の如く使わせてもらっているからなのだ。
静岡県が所有する他県に有る宿泊施設等聞いた事がない。バスのタダ券は?医師も確保できず東京の病院に行かなければならないなんて狂ってる。
東京って良いなぁ!
別の見方をすれば、子供を静岡県の税金で一生懸命育て、納税できる歳には大都市に出てしまう。食い逃げされたのと同じだ。
こんな不公平な事を無くす為にも【故郷納税】には賛成だ。
序でに言わせてもらえば東京に泊まると【ホテル税】成る物が掛かる。都知事の一声で決まった税金は年15億円。
大型合併で目出度く政令指定都市になった静岡市は新幹線〝ひかり号〟は1時間に1本しか止まらない。全部止まって当然だろ?県庁所在地なのに〝のぞみ〟は全て素通りする。知事が「止まらない新幹線に通過税を取る」と言いました。犬の遠吠えみたいに言ってないで早く実行しろよ!吠えただけじゃしょうがない。ホテル税払っているんだから堂々と言え!!
故郷に税金が直接納められるようになれば東京都は大幅に減額だ。
首都を別の所に動かす遷都論で盛り上がった事がある。最近言われなくなった。
静岡は有力候補だったはずなのに、、、、

写真は今日のブログとは関係ない富良野のラベンダー(2003年撮影)
※ 今頃富良野は綺麗だろうな〜

2007/07/11

蛇塚グランドとエスパルス

 先週末、エスパルスの練習を見てきました。

Img_2801運動を兼ねて自宅から自転車に乗り【小鹿公園】で一休み。
池はハスの花が咲き、東屋で休む人、釣りをする人、ジョギングで駆け抜けて行く人さまざまです。
自転車漕いで火照った体に気持ちよく風が通ります。

西大谷からは旧150号線を久能山東照宮に向かいます。この道は自動車が通らなくて自転車には都合の良い道です。それを知ってか知らずかギンギンバリバリの自転車グッズとコスチュームで固めた銀輪族が追い抜いて行きました。
通りには無人の農産物を売っている所が何カ所もあります。ショウガの出荷に精を出すオバチャン達の作業所などを見ながらさらに進むと【すんぷ夢広場】の入り口がありました。ブログ仲間が「一度は行ってみる価値あるけど二度行く気には成らない」と言っていた事を思い出します。よほど暇でやる事も無いような時が有ったら行ってみます。

Img_2805

1時間で東照宮に到着。
観光客が居ません。
土産物屋も閉めている所がほとんどです。
今日は1159段の階段を上がる気はありませんので
下から拝んで良いにしてもらいます。


Img_2814Img_2958

【蛇塚グランド】です。
練習開始1時間以上前なのに長谷川監督以下コーチ陣は下準備を始めています。
その後続々選手が集まってきます。選手達は意外や意外地味で目立たない車に乗っています。トップ・サテライトのほとんどの選手が参加しています。公式戦とは違う雰囲気です。真剣な中にもニコニコしながら、大きく3ブロックに分かれて練習。
しかし“枠に飛ばないな〜”
だめ押しゴールが奪えない訳だ。
さて、練習見に来ているのは若い女の子が圧倒的に多い。Sパルスが好きと言うより個人的な選手が好き!
と見た。

帰り道、無人販売でトマト(3ヶ100円)を買って帰りました。
旨いトマトでした。

2007/07/06

向日葵

Img_2789 例年この時季になると向日葵柄のネクタイを締める。
僕はとても拘る所があり一年中長袖の白のYシャツを着る。
特例として東京等に出張する時はピンクのYシャツにする事もある。
勿論背広も一年中着る。立場上背広でないと不都合でもある。
よく「暑くないの?」と言われるけれどそりゃ少しはね。
でも、何所もかも冷房が効いているし、車だって5分も走れば涼しくなる。
“精神一到何事か成らざらん”

さて、今年3月、梅柄の着物は1月か2月に着るのが粋な着方で
梅の時季に着るのはヤボと書かれた記事を読んだ。
その理屈をネクタイに当てはめると今は向日葵ではなく
モミジやススキ?
すっかり枯れた感じでピントこないな〜
それより「なにずれた事してんだよ〜」と言われそうだ。
僕としては(僕的には・・・とは口が裂けても言わないよ!)
涼しさより粋やオシャレにこだわりたいな〜

2007/07/03

三崎と本マグロの鮨

Img_2708_1Img_2714

 用事で東京に行きました。時間もタップリ有るので三浦半島の三崎でマグロを食べる事にしました。湾岸道路から本牧→杉田→横横道路と繋がって居るんですね。便利になりました。
観音崎京急ホテル・観音崎と立ち寄って三崎へ。


Img_2735

久しぶりの三崎は港や駐車場が整備されて綺麗になっていました。


Img_2723三崎で最も有名な「くろば亭」です。親爺が外で一服していました。僕に言わせれば此所のは料理ではありません。豪快にド〜ンと出てくるので見た目が「すげぇ」と思うだけです。ちょんまげ親爺が自己満足しているだけです。
 僕はマグロ料理を食べたかったのですが妻は「お寿司が食べたい」って。何時も旨い鮨屋で旨い鮨食ってるじゃね〜か!と言いたかったのを我慢。


Img_2747Img_2780

鮨屋なら事前に調べた歴史のある【たち吉】が良かろうと入る事にしました。三崎港の目の前です。店構えも店内もお粗末ですが実直そうな親方の仕入れと握りは確かなようです。


Img_2765

妻は、おすすめ鮨3,000円 (クロマグロ大とろ中トロと季節の地魚の握り)


Img_2771

僕は、くろまぐろ鮨4,200円 [大トロ・中トロ・はち身(頭身とも言う)・えら・ほほ・かま]
写真上の列は大トロ・中トロ
下の列左から鉢身・えら・ほほ・かまトロのあぶりです。
えら肉とほほ肉は初めて食べました。
えら肉は食べた瞬間クジラ?と思いました。味の濃いベーコンのようでもあります。
ほほ肉は見た目と全く違いました。
目をつぶって口に放り込まれたら、取れたて新鮮のイカ?と言うかも知れません。
ねちっこくクチャットして容易に噛み切れません。味も淡泊で生臭さが全くありません。
我が家は小握りにしてもらいました。
ネタの一つ一つはとても厚く満足感があり本マグロの各部位が楽しめて満足しました。
これだけ揃って一人前は値段も高くありません。良心的です。
鮨だけではなく他の料理もあります。いろいろ食べてみたい人は挑戦して下さい。
欲を言えば酢飯の酢がほとんど利いていません。最近若い人が酢を嫌うので何所もこの傾向に成るのは仕方のない事ですが、、、、

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ