« 葦毛湿原 神石山 | トップページ | 角上楼 その2 »

2007/07/31

角上楼

Img_3259

 2003年にTVで取り上げていた宿【角上楼】を4月1日に予約した。思わぬ保険金が入ったほんのお裾分けのつもりで ̀ ̀ ̀ ̀ ̀
宿は伊良湖岬のぼぼ先端、昭和元年、宮大工によって建てられたそうで外観は飾りっ気が無いがデンとして風格がある。
仲居さんに寄れば元々“角上”と言うなの遊郭としてスタートしたそうだ。
さらに、釣りバカ日誌パートⅡで取り上げられ、浜ちゃんが裸踊りをしたとされる部屋もある。
そんな“角上楼”とはいったいどんな宿なのか・・・・・・・
興味のある人は 続きを読む をコチッとクリックしてね。

チェックインは3時からですが3時半に到着。
「洗車しておきますからそのままどうぞ」と言われて通されたのが玄関脇の“タンズルーム”
猫のタンちゃんが居るので有名です。家内は見たそうですが僕は見なかった。残念!
Img_3380

1間半の広い急な階段を上るとコの字型に囲まれた庭が見える。

Img_3317

広い廊下には腰掛けが置いてあり移り行く時間と共に変わる景色を堪能するのも良い。

Img_3313

なんともレトロな洗面所がそのまま残っているのが良いね!

Img_3272

通された“竹の間”は角上楼の中では最も小さい7.5畳。
建具は勿論床柱や天井まで竹竹竹。

Img_3275

こじんまりした部屋には専用の庭が有った。
動くものが居るので良く見ると沢ガニが数匹。
遊郭だったという目で見ると遊女の涙が染み付いて居るように思えるのは考えすぎ?
庭の見える専用風呂と広いトイレも有るが最近増築。

Img_3279

角上楼本館とは別にメゾネットタイプの翠上楼、さらに専用露天風呂付きの雲上楼が平成17年
に出来た事を知った。
大風呂は雲上楼に有る。写真は男性風呂で大きなガラス戸で内外に分かれている。
資生堂の高級品が何種類も置かれている。何とここは資生堂直営のエステが有るのだ。
角上楼1階には貸切風呂が2ヶ所有る。
残念なのは温泉ではない事。

Img_3410

本館“萩の間”は釣りバカで撮影に使われた。
お客さんが帰った後、許可を取って部屋を見せてもらった。
そして部屋に飾ってある証拠の写真です。

館内巡りはここまで。
美味しい料理の話は  つづく。

« 葦毛湿原 神石山 | トップページ | 角上楼 その2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727026

この記事へのトラックバック一覧です: 角上楼:

« 葦毛湿原 神石山 | トップページ | 角上楼 その2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ