« ラーメンと鰻 | トップページ | 葦毛湿原 神石山 »

2007/07/26

竜爪山

 22日、二週間ろくな運動もしなかったので体がウズウズ。予報では昼から晴れると言っている。急に思い立ち、近くの【竜爪山】に登りました。造ってあった独標行き荷物から防寒具だけを抜き取っていざ出発。
平山の先でWV東支部Yさんとすれ違い。10時ちょっと過ぎだというのに(゚゚;)エエッもお行ってきちゃったの?
Ryu_3096Img_3097

二ヶ所有る登山口です。駐車場は超満員。あふれ出た車が路上駐車し路肩に駐まっていました。妻と一緒にここから登るのは大変ですので穗積神社まで車で行っちゃう横着登山です。


Img_3046

準備体操後、神社にお参りして出発。昔の御社(おやしろ)はここより先にあり畳6畳ほどの大きさでした。今は土台だけが残っている。戦時中は武運長久・弾避けを願い召集令状が来るとお参りに来たと聞いています。樹齢何百年の杉の巨木林を見ながら神社裏手を進むと直ぐ俵沢方面分岐標識。


Img_3053

さらに進むと少しの間木の根道になりますが根っこの上に乗ると滑るので注意が必要です。
名前は解りませんが数種類の鳥の鳴き声が聞こえています。


Img_3056Img_3059

程なく階段ルートと遠回りの道ルート分岐。
躊躇していると妻は短時間の方が良いと、とっとと登っていってしまいました。
何日も降り続いた雨の影響かものすごい湿気です。
歩き始めて30分で小休止を取りましたが心臓がバクバクしている状態でしかも汗が滝のように流れ落ちます。こんなひどい状態をかつて経験した事が有ったかな〜?。同じく休んでいた別のグループの会話「先週は剣に登る予定だったが雨で中止」と、そんな連中が今日は異常だ!ヘロヘロに疲れる!と言っています。
やっと階段も終わり少し上ると俵峰方面分岐。

Img_3065Img_3068

左にとって100m先が薬師岳(1,051m)山頂です。霧が掛かっています。一本立てて直ぐ出発。とても幻想的な中をサクサクと音を立てながら進みます。次々と登山者とすれ違います。


Img_3075Img_3085

一端下りて登り返すと文殊岳(1,041m)山頂。
一等三角点があります。
数十年前に比べると雑木がすっかり生長しています。


Img_3082山頂には幾つものベンチが置かれ多くの登山者が休んでいました。
薄日が射していますが静岡方面はガスがかかって見えません。

Img_3119


1時間大休止。同じ道を帰ります。薬師岳をチョット過ぎた所に地蜂の巣が有りました。
行きに登山者同行の犬が刺されたと言っていましたので場所が解りました。
蜂がブンブン舞っていて恐る恐る撮ったので手ブレしてしまいました。
至近距離までは怖くてとても近付けません。
蜂の子が沢山見えるのですがこの写真ではよく解りませんね。
大失敗!!!

この時間でも登ってくる人がけっこう居ます。
相変わらず鳥が鳴いています。
穗積神社に無事下山を報告。
浅黃まだら(蝶)を見かけました。
末尾の写真は二つある上の登山口前から見た平山静岡方面

穗積神社10:40→階段口分岐10:55→薬師岳11:40→文殊岳12:00→出発1:00→薬師岳13:15→穗積神社14:00

Img_3103

« ラーメンと鰻 | トップページ | 葦毛湿原 神石山 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727029

この記事へのトラックバック一覧です: 竜爪山:

« ラーメンと鰻 | トップページ | 葦毛湿原 神石山 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ