« さくらんぼ 佐藤錦 | トップページ | 向日葵 »

2007/07/03

三崎と本マグロの鮨

Img_2708_1Img_2714

 用事で東京に行きました。時間もタップリ有るので三浦半島の三崎でマグロを食べる事にしました。湾岸道路から本牧→杉田→横横道路と繋がって居るんですね。便利になりました。
観音崎京急ホテル・観音崎と立ち寄って三崎へ。


Img_2735

久しぶりの三崎は港や駐車場が整備されて綺麗になっていました。


Img_2723三崎で最も有名な「くろば亭」です。親爺が外で一服していました。僕に言わせれば此所のは料理ではありません。豪快にド〜ンと出てくるので見た目が「すげぇ」と思うだけです。ちょんまげ親爺が自己満足しているだけです。
 僕はマグロ料理を食べたかったのですが妻は「お寿司が食べたい」って。何時も旨い鮨屋で旨い鮨食ってるじゃね〜か!と言いたかったのを我慢。


Img_2747Img_2780

鮨屋なら事前に調べた歴史のある【たち吉】が良かろうと入る事にしました。三崎港の目の前です。店構えも店内もお粗末ですが実直そうな親方の仕入れと握りは確かなようです。


Img_2765

妻は、おすすめ鮨3,000円 (クロマグロ大とろ中トロと季節の地魚の握り)


Img_2771

僕は、くろまぐろ鮨4,200円 [大トロ・中トロ・はち身(頭身とも言う)・えら・ほほ・かま]
写真上の列は大トロ・中トロ
下の列左から鉢身・えら・ほほ・かまトロのあぶりです。
えら肉とほほ肉は初めて食べました。
えら肉は食べた瞬間クジラ?と思いました。味の濃いベーコンのようでもあります。
ほほ肉は見た目と全く違いました。
目をつぶって口に放り込まれたら、取れたて新鮮のイカ?と言うかも知れません。
ねちっこくクチャットして容易に噛み切れません。味も淡泊で生臭さが全くありません。
我が家は小握りにしてもらいました。
ネタの一つ一つはとても厚く満足感があり本マグロの各部位が楽しめて満足しました。
これだけ揃って一人前は値段も高くありません。良心的です。
鮨だけではなく他の料理もあります。いろいろ食べてみたい人は挑戦して下さい。
欲を言えば酢飯の酢がほとんど利いていません。最近若い人が酢を嫌うので何所もこの傾向に成るのは仕方のない事ですが、、、、

« さくらんぼ 佐藤錦 | トップページ | 向日葵 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727054

この記事へのトラックバック一覧です: 三崎と本マグロの鮨:

« さくらんぼ 佐藤錦 | トップページ | 向日葵 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ