« 角上楼 | トップページ | 角上楼 帰り道の おまけ »

2007/08/01

角上楼 その2

Img_3322

料理は地魚と地の野菜をふんだんに使った地魚料理コースです。
実は旬の極上料理、さらにはとらふぐ料理と極上天然とらふぐ料理コースとが有りますが料金はドンドンと上がります。

写真は八寸とお造りです。
お造りの醤油は土佐醤油、塩で召し上がるのも良いですよ
と、奥能登の荒塩も添えてある。
料理の数々は 続きを読む をクリックして下さい。

Img_3331

Img_3337

Img_3343

Img_3346

八寸・お造り・焼き物 ・椀物・酢の物・煮物・揚物・かまど炊き御飯・水菓子・果物
と続きます。写真は全てではありません、食べるのに夢中で撮り忘れですぅ、、、、
どの料理も素材が豊富に使われ、見た目と味が堪能できました。
残すことなく完食できました。
和味の宿と副題の付いた料理自慢の宿だけの事はあります。

Img_3359

夜食に“おむすび”が出る事も解っているのですがとても食べられないだろうと思っていた所ぺろりとたいらげました。“フグの天むす”でした。

Img_3370

写真は朝食です。
余す所無くたいらげました。珍しい事です。
布団はそのままにして下さいと頼めば朝食後も寝られます。

2003年のTVでは1万6千円でこの料理はスゴイ!
と記憶していたのですが、一万円以上値上に成っていました。
家内は資生堂アンチエイジングマッサージ&マスクコース
を到着と同時に予約。
急にポツッとやったって綺麗に成る訳ね〜だろ〜
と思うのですが﹅﹅﹅﹆
マァイッカ! 大盤振る舞いで序でにこれも俺のおごりだ!

チェックアウト11時です。
リピーター率70%弱だそうですが僕はどうかな〜?
話のタネや冥土の土産にはなっても・・・・・・・
でも、一度は行っておく価値大あり。
料理だけでなく建築に興味のある人にもお勧めの宿。

« 角上楼 | トップページ | 角上楼 帰り道の おまけ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52727023

この記事へのトラックバック一覧です: 角上楼 その2:

« 角上楼 | トップページ | 角上楼 帰り道の おまけ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ