« 尾瀬・至仏山 後書き | トップページ | プアでリッチな旅No1 »

2007/09/21

島田髷祭り

Img_5578
珍しく何の予定も無かった先週の三連休、髷(まげ)祭りをやっているらしいから行ってみるか!
と言う事でプラット出かけました。

Img_5480
島田市博物館の駐車場に車を止めて
Img_5482
河原町の昔の町並みを見る。
Img_5495
昔の防火用水が有ったりワラジが有ったり、
Img_5486

Img_5499
さらには織物の実演など結構楽しめる。
一通り見て時間があったら大井川のドテに登ろう。爽やかな風に乗って運が良ければ蒸気機関車の汽笛の音が聞こえるかも知れない。

昼、お気に入りの蕎麦屋【いそ崎】に行くとどうやら廃業してしまったようだ。
仕方なく島田市民病院の南に有る【そばの花】に行く。
Img_5526
口上が 候(そうろう)文で書いてある所が気に入った。
Img_5527
二八蕎麦ですが蕎麦の香りはほんの少々。固すぎず柔らかすぎずちょうど良いかな。汁は鰹節と昆布が主ですがやや薄めです。
温かいそばや天ぷら、さらにはうどんもありますから本当の蕎麦好きには評価対象外。蕎麦屋ですが食堂に近い。おしるこを食べていた人が居てそれとなく覗くと白玉でなくソバガキのようでしたからそこは評価できます。
Img_5509
そばの花 近くに鵜田寺(うだじ)が有り島田髷供養感謝祭が行われていた。
Img_5519
寺の近くには「髪の塚」も有る。
Img_5545
祭りは島田髷を結った女性が練り歩き要所要所で奉納踊りを披露する
Img_5553

Img_5559

Img_5547
楽しめた一日でした。
*町中の駐車場は満車で運良く市役所に駐める事ができました。ラッキー!

« 尾瀬・至仏山 後書き | トップページ | プアでリッチな旅No1 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726965

この記事へのトラックバック一覧です: 島田髷祭り:

« 尾瀬・至仏山 後書き | トップページ | プアでリッチな旅No1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ