« 冬の北海道 Ⅰ | トップページ | 冬の北海道 Ⅲ »

2007/11/30

冬の北海道 Ⅱ

Img_7774
旭山動物園・美瑛・富良野の巻
続きを読む をポチッとお願いします。

Img_7645
二日目、ホテルが仕立てた観光バス“シェラトンライナー”にの乗って旭山動物園→美瑛→富良野を巡るコースを予約してある。(入場券昼食代込み5,800円)冬このコースに行く人は少ないだろうと思ったのですが何とバスは3台出るという。ビックリしました。全員がシェラトンの泊まり客です。
8時出発。バスは雪の積もった高速道路を走る走るガンガン走る。
Img_7651
休憩を含めて10時45分到着
想像より小さい田舎の動物園と言った感じだ。年間300万人も来園すると言うから驚きますね〜。
既に多くの人が人気館に並んでいる。
Img_7667
ペンギン館
泳いだり潜って貰いたい大きいペンギン達は動く気配がない。
目の当たりで見られるのが子供達に人気なのだ。
Img_7690
アザラシ館
押すな押すなの状況でとてもカメラを構えて陣取ってはいられない。アザラシ君は来ても一瞬にして行ってしまう。
Img_7731
ほっきょくぐま館
ダイビングして来る場所など見学者が多くて近寄る事も出来ない、しかも何時飛び込むのかも解らない状況で、結局上から写真を撮る。
オランウータンも人気ですがこんな寒いのに出てくる訳無いだろうし、病み上がりの妻の体も心配なので止めにした。
コロッケ食べてコーヒー飲んで早めにバスに戻る。園内で売っているコロッケは美味かった〜。
ラベンダーヒルズで昼食。ジンギスカン・鮭親子丼・ばら寿司丼いずれも珍味1点付から選ぶ事が出来る。此処で面白い事に気が付いた。若い人はジンギスカン、夫婦ずれは親子丼と鮨丼を頼み両方食べ比べ、女性二人ずれは鮨丼だった。しかし不味かった〜。旭川ラーメンの方がよっぽど良いと参加者の弁。ラベンダーヒルズだから当然“岡”で景色の良い所だと思っていたら街中のバス相手の土産物兼食堂でガッカリ。
Img_7828
美瑛 北西の岡
Img_7783
違うんだよぉ イメージしていた景色と!
Img_7811
樹が一本有ってさ〜 雪で反射した光線が虹色に光ってさ〜ぁ この時間なら葉の落ちたその樹の枝の間に夕陽が沈んで行く・・・・
お仕着せのプランじゃしょうがないと諦めはしたものの、物足りないな〜
それと、写真撮る自由時間が少し欲しかったな〜ぁ、、、、、
Img_14
夏来ると同じ場所でこんな景色です(2003年8月撮影)
Img_7939
ファーム富田
4時50分到着で辺りは真っ暗。
絞り2.8 シャッター ½秒 ASA1600 三脚なし。見事に手ぶれてます。
Img_7873
ラベンダー味カップソフトクリーム
Img_7882
土産物店内はドライフラワーのオンパレード
Img_7927

Img_7912
温室で咲かせているラベンダー
真冬にラベンダー咲かせる苦労より自然のままの雪景色、雪の積もった広大なラベンダー畑の横にはサイロと石作りの農作業小屋がさりげなく・・・
そんな情景の方が良いんじゃないかと思ったんです。。。。
Img_52
夏のファーム富田とラベンダー畑はこれです。
ホテルに戻ったのは20時過ぎ。強行軍の一日が終了しました。
続く

« 冬の北海道 Ⅰ | トップページ | 冬の北海道 Ⅲ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726900

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の北海道 Ⅱ:

« 冬の北海道 Ⅰ | トップページ | 冬の北海道 Ⅲ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ